【iPhone】画面の明るさや文字の大きさを調整する方法

調整
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、明るさや文字の大きさを調整する方法など、iPhoneの画面を見やすくするための方法について紹介します。

 

iPhoneの画面の明るさを調整する方法

iPhoneの画面の明るさを調整するには、

 

調整2

 

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

 

調整3

 

設定画面が表示されるので、画面表示と明るさをタップします。

 

調整5

 

画面表示と明るさの画面が表示されます。

この画面にある明るさの項目をドラッグすることで、画面の明るさを調節することができます。

左側にドラッグすればする程画面は暗くなり、右側にドラッグすればする程画面は明るくなります。

注意点としては、バッテリーの消耗を節約したい場合は、ある程度明るさを低く設定しておくことをおすすめします。

 

iPhoneの文字の大きさを調整する方法

iPhoneの文字の大きさを調整するには、

 

調整6

 

 

画面表示と明るさの画面を表示させ、文字サイズを変更をタップします。

 

調整7

 

文字サイズを変更という画面が表示されます。

この画面の下部にあるスライダをドラッグすることで、文字の大きさを調整することができます。

左側にドラッグすればする程文字は小さくなり、右側にドラッグすればする程文字は大きくなります。

 

文字を太くすることもできる

iPhoneでは文字の大きさを調整するだけでなく、文字を太くすることもできます。

文字を太くするには、

 

調整8

 

画面表示と明るさの画面を表示させ、文字を太くするをオンにします。

 

調整9

 

文字を太くするをオンにすると、上記のように表示される文字が太字になります。

 

Night Shiftを設定する方法

iPhoneでは夜間の画面表示を調整してくれるNight Shift機能を搭載しています。

Night Shiftを使えば、寝る前に見る画面を暖かみのある色に設定しておくことができます。

Night Shiftを設定するには、

 

調整10

 

画面表示と明るさの画面を表示させ、Night Shiftをタップします。

 

調整11

 

Night Shiftの画面が表示されるので、時間指定をタップします。

 

調整12

 

時間指定をタップすると、Night Shiftの設定がオンの状態になります。

Night Shiftについては、開始から終了までの時間、色温度の程度を調整できるようになっています。

 

自動ロックを設定する方法

iPhoneの画面は、一定時間操作をしないと自動的にロックがかかりスリープ状態になります。

iPhoneでは、このスリープ状態になるまでの時間を6段階で設定することができます。

スリープ状態になるまでの時間を設定するには、

 

調整14

 

画面表示と明るさの画面を表示させ、自動ロックをタップします。

 

調整15

 

自動ロックの画面が表示され、

  • 30秒
  • 1分
  • 2分
  • 3分
  • 4分
  • 5分

の6段階に設定することができます。

注意したいのが、自動ロックをなしに設定してしまうとずっとiPhoneの画面が表示されたままになってしまい、バッテリーが激しく消耗してしまうことです。

余程の理由がない限り、自動ロックの設定をなしにするのは避けることをおすすめします。

 

画面表示を拡大する方法

iPhoneの画面表示は、見やすいように拡大することができます。

画面表示を拡大するには、

 

調整16

 

画面表示と明るさの画面を表示させ、表示をタップします。

 

調整17

 

画面表示の拡大という画面が表示されます。

デフォルトだと画面表示は標準になっているので、拡大をタップします。

 

調整18

 

拡大をタップすると、上記のように画面表示が拡大されます。

 

関連記事

【iPhone】ホーム画面やロック画面の壁紙を変更する方法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク