【Amazon】配達業者のデリバリープロバイダとは?

デリバリープロバイダ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



最近、Amazonで買い物をすると配達業者がデリバリープロバイダとなっていることが多くなってきました。

デリバリープロバイダという会社が配達を行っているんだろうか?と思っていたら桃太郎便という配達業者が荷物を届けてくれて意外に思ったため、デリバリープロバイダについて詳しく調べてみました。

 

配達業者のデリバリープロバイダとは桃太郎便の運営会社?

最初は、桃太郎便を運営している会社の名前がデリバリープロバイダなのかな?と思っていたのですが、桃太郎便で検索してみると、運営しているのは丸和運輸機関という会社でした。

丸和運輸機関株式会社は、東証1部に上場している上場企業で、デリバリープロバイダという名称は公式ホームページを見る限り、どこにも見当たりません。

 

Amazonのホームページでデリバリープロバイダを確認してみる

Amazonのヘルプ&カスタマーサービスを確認してみると、配達業者の連絡先にデリバリープロバイダについて記載がありました。

どうやら、デリバリープロバイダとは、Amazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称のことのようです。

配達業者の連絡先欄には、デリバリープロバイダとして、

  • TMG
  • SBS即配サポート
  • 札幌通運
  • ファイズ
  • 丸和運輸機関

の5社が記載されていました。

Amazonが提携している配送業者は、全国規模で配達を行っているヤマト運輸や佐川急便などと、地域限定で配達を行っているTMGや丸和運輸機関などがあり、後者をまとめてデリバリープロバイダと呼んでいるようです。

Amazonのヘルプ&カスタマーサービスに記載されている5社のホームページを確認してみると、確かに地域を限定した配達サービスを行っている旨が書かれています。

TMG 「大阪を中心に、東京、埼玉、兵庫、広島、福岡、宮城に拠点を置き、地域密着をモットーに物流アウトソーシングと小口宅配を行っている会社のホームページです」

SBS即配サポート 「東京23区内で集荷して1都3県に配達 リーズナブルな料金で荷物を当日にお届け」

札幌通運 「札幌通運は、北海道を中心に関東・関西・中部・東北において皆様に輸送サービスをご提供する総合物流企業です」

ファイズ 「デリバリーサービス ユーザ(ECサービス利用者)に対する商品の配達」(デリバリーサービス事業のところをチェックしてみましたが、東京都の平和島営業所がデリバリーサービスを行っているようです)

丸和運輸機関 「現在は全国に100ヶ所を超える事業所を構えており、沖縄県を除く日本全国をカバーしております。」

 

Amazonの注文履歴に注意

今回、桃太郎便という配達業者が荷物を届けてくれましたが、荷物の中身を確認するまでAmazonで注文した荷物だと気が付きませんでした。

Amazonの注文履歴を確認しても、配達業者の名前はデリバリープロバイダとしか書かれていません。

Amazonで買い物をしていて、注文履歴に始めてデリバリープロバイダと表示された場合は、デリバリープロバイダという配達業者ではなく、地域限定の配達業者(どこの会社が配達してくれるのかは、荷物が来るまでわからない)が配達に来るものだと留意しておいてください。

 

大手の配達業者並みのサービスは望めない?

今回、配達してくれた桃太郎便ですが、ポストに入っていた不在通知に記載されていた電話番号に連絡して再配達を頼もうとしましたが、混雑しているためか、全く電話がつながりませんでした。

公式ホームページを確認してみても、配達状況を確認したり、再配達を依頼できる投稿フォームなどは見当たりませんでした。

どうやって再配達してもらえばいいのだろうか?と考えていると、在宅中に配達に来てくれなした。

配達の方に聞いてみたところ、「配達で通りかかったところ、部屋の電気がついていたので在宅中だとわかった」とのことでした。

幸運にも気が利く配達の方で助かりましたが、再配達の電話がつながりにくい、配達状況をネットで確認できない点など大手の配達業者並みのサービスを期待するのは厳しそうです。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク