SNSで流行っている何でもあり!?の「バウワウチャレンジ」って何?

バウワウ1
スポンサーリンク



スポンサーリンク



SNSでバウワウチャレンジと呼ばれる、何でもあり!?の遊びが流行っているようです。

もともとはアメリカのSNSで流行っていたみたいですが、その波が日本にも来ているようです。

 

そもそもバウワウチャレンジって何?

アメリカで、ラッパーであり俳優であるBow Wow氏(本名はShad Gregory Moss)が行ったSNSでの投稿がきっかけで、バウワウチャレンジが始まりました。

 

バウワウ2

 

Bow Wow氏がインスタグラムに、TV番組へ出演するためにニューヨークへ移動しているとして、プライベートジェット機と高級車の写真を投稿しました。

さすが人気スターは違うな・・・と思いきや、一般の旅客機の乗客から、Bow Wow氏と同じ便に乗り合わせたとSNSに暴露されたり、プライベートジェット機の写真がMIA VIP Transという企業のWebサイトのものだと指摘されたりと、実はBow Wow氏が見栄を張っただけだと判明。

これを受けて、アメリカのSNS上で、何でもいいから見栄を張りまくる、盛りまくるハッシュタグ、#BowWowChallenge(バウワウチャレンジ)が登場。

Bow Wow氏を超える見栄っ張り、盛りまくりにチャレンジといったところでしょうか?

何でもいいから見栄を張りまくる、盛りまくるフェイク投稿をする遊びが流行し始めました。

Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)で、ハッシュタグ#BowWowChallengeで検索すると、大量の投稿が表示されるようになりました。

 

バウワウチャレンジの波が日本にも上陸

バウワウチャレンジの波は日本にも上陸し、早くもSNSにハッシュタグ#BowWowChallengeが登場しています。

 

 

バウワウ9

 

バウワウ10

 

 

#BowWowChallengeで検索してみたところ、日本語の投稿でも結構な数のバウワウチャレンジがありました。

すでに一部の企業がハッシュタグ#BowWowChallengeを使い、バウワウチャレンジネタを投稿しているのも確認。

こうして見ると、日本人は流行りものには敏感な人が多いんだなあと再確認。

 

元ネタのBow Wow氏も楽しんでるらしい

見栄を張っていたのがバレてしまったBow Wow氏ですが、インタビューでは、「楽しんでいる」「全部番組のため」とコメント。

本当に狙ってやったのかどうかは別として、本人もSNSでブームになっているバウワウチャレンジについて好意的なようです。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク