スマホの製造番号(IMEI番号)を確認する方法

製造番号

この記事では、スマホの製造番号(IMEI番号)を確認する方法を紹介します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

スマホの製造番号(IMEI番号)とは?

スマホの製造番号(IMEI番号)とは、全ての携帯電話に付けられた世界共通の個体識別番号です。

ちなみにIMEIとは、International Mobile Equipment Identity(インターナショナル・モバイル・エクイップメント・アイデンティティ)の略になります。

後述しますが、このスマホの製造番号(IMEI番号)に様々な情報が記録され、更新されていく仕組みになっています。

スマホの製造番号(IMEI番号)はどんなときに必要なのか?

個人的な話ですが、スマホを機種変更し、使わなくなったスマホを中古業者に買い取ってもらうとしたところ、

「このスマホは買い取りできません」

と買い取りを断られたことがあります。

理由を聞いたところ、スマホの製造番号(IMEI番号)には、

  • 端末の購入料金が未払い
  • 盗難届が出ていて、利用が一時停止されている状態

などの情報が確認できるようになっており、

「あなたは、端末の購入料金が未払いの状態になっています」

と言われました。

いわゆる2年縛りの途中で機種変更を行い、端末の購入料金はまとめて支払ったのですが、中古業者の方に話を聞いてみると、

「キャリア(携帯電話会社)によっては、料金をまとめて支払っても、情報が反映されるまで2~3か月かかることがあるので、キャリアにスマホの製造番号(IMEI番号)を問い合わせてみてください。」

とアドバイスされました。

キャリアにスマホの製造番号(IMEI番号)を問い合わせて、端末の支払い情報を更新してもらってから、スマホをやっと中古業者に買い取ってもらうことができました。

スマホを買い取ってくれる中古業者にとっては、持ち込まれたスマホがきちんと端末の購入料金が支払われたものなのか、盗品ではないのかといった確認をするために、スマホの製造番号(IMEI番号)は非常に貴重なもののようです。

また、きちんと端末の購入料金を支払ったにもかかわらず、情報が更新されておらず、中古業者に買い取りを拒否された場合は、自分でキャリアにスマホの製造番号(IMEI番号)の情報を更新するよう問い合わせる必要が出てきます。

スマホの製造番号(IMEI番号)については、テクニカルサポートに問い合わせるときだけでなく、使わなくなったスマホを中古業者に買い取ってもらう際にも必要になる可能性があるということになります。

iPhoneの製造番号(IMEI番号)を確認する手順

iPhoneの製造番号(IMEI番号)を確認するには、

製造番号2

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

製造番号3

設定画面が表示されるので、一般をタップします。

製造番号5

一般画面が表示されるので、情報をタップします。

製造番号6

情報画面が表示されます。

この画面でiPhoneの製造番号(IMEI番号)を確認することができます。

IMEIという項目を見てください。

15桁の数字が表示されているはずです。

これがiPhoneの製造番号(IMEI番号)になります。

Androidスマホの製造番号(IMEI番号)を確認する手順

Androidスマホの製造番号(IMEI番号)を確認するには、

製造番号7

Androidスマホのホーム画面を開き、設定(歯車のアイコン)をタップします。

製造番号8

設置画面が表示されるので、端末情報をタップします。

製造番号9

端末情報画面が表示されるので、端末の状態をタップします。

製造番号10

端末の状態画面が表示されるので、IMEI情報をタップします。

製造番号11

IMEI情報画面が表示されます。

この画面で、Androidスマホの製造番号(IMEI番号)を確認することができます。

IMEIという項目を見てください。

15桁の数字が表示されているはずです。

これがAndroidスマホの製造番号(IMEI番号)になります。