【iPhone】バッテリーの状態を確認する方法

バッテリー
スポンサーリンク



スポンサーリンク



2018年3月30日にiOS11.3がリリースされ、バッテリーの状態を確認できるようになりました。

この記事では、iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法を解説します。

 

バッテリーの状態を確認する方法

バッテリーの状態を確認するには、

 

バッテリー2

 

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

 

バッテリー3

 

設定画面が表示されるので、バッテリーをタップします。

 

バッテリー5

 

バッテリー画面が表示されるので、バッテリーの状態(ベータ)をタップします。

 

バッテリー6

 

バッテリーの状態(ベータ)の画面が表示され、バッテリーの状態(バッテリーの最大容量とピークパフォーマンス性能)を確認することができます。

 

バッテリーの最大容量とは?

 

バッテリー7

 

バッテリーの状態(ベータ)の画面を確認してみると、最大容量という項目が表示されます。

バッテリーの最大容量とは、新品の状態と比較したバッテリー容量の基準です。

iPhoneが新品の状態ではバッテリーの最大容量は100%ですが、使っていくうちにバッテリーが劣化して、1 回の充電で使用できる時間が短くなることがあります。

Appleの公式サイトによると、iPhoneのバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。

ちなみにバッテリーの最大容量が80%未満になると、バッテリーの交換を推奨されるようになっています。(対象はiPhone6以降)

 

ピークパフォーマンス性能とは?

 

バッテリー8

 

バッテリーの状態(ベータ)の画面には、最大容量の他にピークパフォーマンス性能という項目も表示されます。

ピークパフォーマンス性能の項目を見れば、バッテリーの状態が正常かどうかを確認することができます。

上記のように、

  • お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています。

と表示されれば、バッテリーの状態は正常で問題ありません。

しかし、

  • この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。無効にする…
  • この iPhone では、バッテリーの状態を判定できません。バッテリーに関するサービスは、Apple 正規サービスプロバイダが対応します。サービスオプションについての詳しい情報…
  • この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。パフォーマンス管理による保護を手動で無効にしています。
  • お使いのバッテリーは著しく劣化しています。Apple 正規サービスプロバイダでバッテリーを交換すると、最大限のパフォーマンスや容量を取り戻すことができます。サービスオプションについての詳しい情報…

などの4つのパターンが表示された場合は、バッテリーの状態に問題がある可能性があります。

上記の4つのパターンが表示されたら、バッテリーの交換を検討してみてください。

 

バッテリーが劣化していた場合は?

バッテリーの状態を確認してみたら、バッテリーの最大容量が80%未満だった、ピークパフォーマンス性能の項目で問題があったという場合は、バッテリーの交換やiPhoneの機種変更を検討してみてください。

まだまだそのiPhoneを使いたいという場合は、Appleサポートに問い合わせを行い、バッテリーを交換するのがおすすめです。

そろそろiPhoneを買い替えたいという場合は、これを機会に機種変更してみるのも良いかと思います。

iPhoneの機種変更を行う際は、24時間申し込める、いちいち店舗まで行って待つ必要がないオンラインショップを利用することをおすすめします。

ソフトバンクオンラインショップ

NTTドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

 

バッテリーが劣化したまま放置するとどうなる?

バッテリーの状態を確認してみて、バッテリーが劣化していることが分かったけど、面倒なのでそのまま放置してしまった・・・という場合に、Appleの公式サイトでは、以下のような不具合が生じる可能性があるとしています。

  • 充電可能な容量が低下し、その結果、再充電が必要になるまでの時間が短くなってしまう。
  • バッテリーの最大瞬時給電能力 (ピーク電力) が低下する可能性がある。(iPhone が正常に機能するためには、バッテリーが電子部品に瞬時に給電できなければなりません)
  • バッテリーが劣化している状態だと、バッテリーの充電残量が少ない、周囲温度が低いといった状況下で、突然のシャットダウンが起きる可能性が高くなる。
  • 極端な場合だと、シャットダウンが頻繁に起こり、その結果、デバイスが不安定になって使えなくなることもあり得る。
  • アプリの起動に時間がかかるようになる。
  • スクロール中のフレームレートが低くなる。
  • バックライトが暗くなる (コントロールセンターで設定の変更が可能)。
  • スピーカーの音量が小さくなる (最大で -3dB)。
  • 一部のアプリでフレームレートが徐々に低下する。
  • 極端な場合は、カメラのフラッシュがカメラの UI に表示されているにもかかわらず使用できなくなる。
  • バックグラウンドで更新されるはずのアプリが起動中に再読み込みされることがある。

かなりの不具合が生じる可能性が指摘されています。

やはりバッテリーが劣化していることが確認された場合は、できる限り、バッテリーの交換やiPhoneの機種変更を行うなどの対策が必要かと思います。

 

参考

iPhone のバッテリーとパフォーマンス

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク