スマホで「(6)個のウィルスにより深刻に破損しています!」と偽の警告が表示された場合の対処法

偽のウイルス警告
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、スマホでネットサーフィンしていたところ、いきなり「(6)個のウィルスにより深刻に破損しています!」と偽の警告が表示された場合の対処法について詳しく解説します。

 

いきなり「(6)個のウィルスにより深刻に破損しています!」と警告が表示される

スマホでネットサーフィンしていたところ、いきなり画面全体に「お使いのGeneric Android6.0は、(6)個のウィルスにより深刻に破損しています!」という警告が表示されました。

 

偽のウイルス警告2

 

スマホがウイルスに感染してしまったのかと思い、とりあえずスマホにインストールしてあるセキュリティアプリでスキャンしてみました。

 

偽のウイルス警告3

 

セキュリティアプリで確認してみても、スマホがウイルスに感染している気配が全くありません。

なぜスマホがウイルスに感染していないのに、このような警告が表示されるのでしょうか?

 

警告の内容を詳しく見てみる

警告の内容を詳しく見てみると、

「お使いのChrome Mobileで最近の感染したサイトを閲覧中に、ブラウザトロイの木馬ウイルスに感染し損傷(45.4%)したことが検知されました。」

「ーションなどの大切なデータへの感染の拡大を回避するには、直ちに行動することが必要です。」

「Facebookのアカウント、Whatsappのメッセージ、写真および個人用アプリケ」

など、まるで質の悪い翻訳アプリを使ったような日本語で、ウイルスに感染した警告がなされています。

 

偽のウイルス警告5

 

問題なのが、警告の後半部分です。

「段階を追ってわずか数秒で解決する方法は、以下の通りです:」

「ステップ1:‟ウイルスを削除”をタップして、推奨されたDoctor SweepアプリケーションをGooglePlayからインストールしてください。無料で」

「ステップ2:アプリケーションを開いて、最新のアップデートをアクティブ化し、感染したアプリケーションおよびファイルをすべて除去してください。」

なぜか、推奨されたDoctor Sweepアプリケーション(誰が推奨しているのかは不明)というアプリをインストールするよう誘導されます。

ここまで見ると、どうやらDoctor Sweepアプリケーションというアプリをダウンロードさせるための偽の警告だとわかります。

 

ブラウザを閉じない限り、セキュリティアプリのダウンロードページへ誘導される

この偽の警告は非常に悪質で、ブラウザバックしようとしてもポップアップが表示されて、元のページに戻れないようになっています。

 

偽のウイルス警告7

 

ブラウザの画面を閉じない限り、OKをタップするしか動かせないため、強制的にDoctor Sweepアプリケーションのダウンロードページへ誘導されることになります。

 

偽のウイルス警告6

 

こちらが、偽の警告で誘導されるアプリ。

発行元の会社名もアプリと同じ名前になっていますが、検索しても会社のホームページすらありません。

セキュリティアプリでは全く聞いたことのないアプリ名と会社名であり、悪質な偽の警告を使って誘導しているため、絶対にダウンロードしないようにしてください。

 

悪質な偽の警告にはどう対処するべきか?

ウィルスに感染したとユーザーの恐怖心を煽り、特定のアプリをダウンロードさせようとする偽の警告ですが、対策はシンプルです。

スマホでネットサーフィンしていて、いきなり偽の警告が表示されたときは、ブラウザの画面を閉じてください。

ブラウザの画面を閉じるだけで大丈夫です。

ブラウザを開いたままだと、ブラウザバックもできず、目的のアプリのダウンロードページへ誘導されるようになっているので、さっさとブラウザの画面を閉じてしまいましょう。

また繰り返しになりますが、誘導されたセキュリティアプリは絶対にダウンロードしないでください。

騙されてダウンロードしてしまったという場合は、必ずアンインストール(削除)してください。

無料のアプリとなっていますが、広告が付いており、悪質な発行元の収益源になってしまいます。

そのあたりの仕組みについては、こちらの記事を参考にしてください。

スマホでウイルス感染などを装う偽の警告が増加している理由は?

 

普通のウェブサイトを見ていても偽の警告が表示されるようになってきている

かつては偽の警告が表示されるのは、成人向けなどの特定のウェブサイトを見ていたときに限られていました。

しかし、最近では普通のウェブサイトを見ていても、偽の警告が表示されるようになっています。

どうやら、スマホ向けの広告の中に偽の警告が表示される詐欺広告が紛れてきているようです。(ネットでは個人でもお金さえ払えば広告を出すことが可能です。広告会社も膨大な数の広告主をチェックするのはかなり難しいかと思います)

今後は、普通のウェブサイトを見ているときでも、偽の警告が表示される可能性が高くなりそうです。

偽の警告については、ブラウザの画面を閉じるだけで済むので、焦らずに対応してください。

本当にウィルスに感染してしまったんじゃないかと心配な人は、信頼できるセキュリティアプリをスマホにインストールしておき、念のためスキャンしてみてください。

 

関連記事

スマホで「(2)つのウィルスに感染しています!」と偽の警告が表示された場合の対処法

スマホで「あなたの電話は、(3)ウイルスを持っています!」と偽の警告が表示された場合の対処法

スマホで「(4)ウイルスによって破損しています!」と偽の警告が表示された場合の対処法

スマホでウイルス感染などを装う偽の警告が増加している理由は?

スマホで「ウイルスが(2)個検出されました」と偽の警告が表示された場合の対処法

スマホで「(6)個のウイルスに感染しました」と偽の警告が表示された場合の対処法

スマホで「ウィルスにより深刻に破損しています!」と偽の警告が表示された場合の対処法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク