iPhoneの画面がフリーズする(固まる)原因と対処法

フリーズ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、iPhoneの画面がフリーズしてしまう(固まってしまう)場合の原因と対処法について解説します。

 

iPhoneの画面がフリーズしてしまう原因は?

iPhoneの画面がフリーズしてしまう原因は、おおまかに分けて2つあります。

iPhone自体に問題がある場合とiPhoneで使っているアプリに問題がある場合です。

iPhone自体に問題がある場合とiPhoneで使っているアプリに問題があるとでは、対処法が異なるので、最初にどちらに問題があるのか確認しておくべきです。

 

iPhone自体に問題があるのか、iPhoneで使っているアプリに問題があるのかを見分ける方法は?

iPhone自体に問題があるのか、iPhoneで使っているアプリに問題を確認するには、

 

フリーズ2

 

ホームボタンを2回押すとタスク管理画面が表示されます。

きちんとタスク管理画面が表示される場合は、iPhone自体がフリーズしたのでなく、使っていたアプリだけがフリーズしていることがわかります。

逆にホームボタンを2回押してもタスク管理画面が表示されない場合は、使っているアプリだけでなく、iPhone自体がフリーズしている可能性が高いです。

 

使っているアプリがフリーズした場合の対処法

使っているアプリがフリーズした場合は、

 

フリーズ3

 

ホームボタンを2回押してタスク管理画面を表示させ、フリーズしているアプリを上にスライドすることで、アプリを終了させます。

 

フリーズ5

 

アプリを再起動してもフリーズしてしまう場合は、アプリアイコンを長押しして、「×」をタップします。

アプリを一度削除してしまいます。

 

フリーズ6

 

アプリを削除したら、再インストールします。

この場合、iTunesに保存してあるアプリをインストールするのではなく、App Storeから最新のバージョンをダウンロードしてください。

アプリを最新のバージョンにアップデートすることによって、症状が改善する可能性があります。

 

iPhone自体がフリーズした場合の対処法

iPhone自体がフリーズしている場合は、iPhoneを再起動させます。

 

フリーズ7

 

電源ボタンを長押しすると、上記のような画面が表示されます。

スイッチを右へスライドすることで、iPhoneの電源を切ることができます。

電源ボタンを長押ししても全く反応がない場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。

10秒ほど長押しすることで、強制終了させることができるはずです。

電源が完全に切れるのを確認したら、電源ボタンを長押しして再起動してみてください。

 

iOSを最新のバージョンへアップデートする

iPhoneを再起動してみても、たびたびフリーズしてしまうなど、動作が不安定になる原因として、iOSのバージョンが古いままになっている可能性があります。

AppleではiOSにバグが見つかると、随時バグを修正するたのアップデートを行っています。

iPhoneの動作が不安定なときは、アップデートファイルがあるか確認し、あればアップデートしてみてください。

iOSのアップデートについては、

 

フリーズ8

 

iPhoneのホーム画面から、設定アプリをタップします。

 

フリーズ9

 

設定画面が表示されるので、一般をタップします。

 

フリーズ10

 

一般画面が表示されるので、ソフトウェア・アップデートをタップします。

 

フリーズ11

 

ソフトウェア・アップデートをタップすると、iOSが最新のバージョンなのか?アップデートファイルがあるのかを確認することができます。

アップデートファイルがある場合は、この画面から最新のバージョンへアップデートすることができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク