【メルカリ】ハードウェアウォレットの出品を禁止した件について

ウォレット

フリマアプリを運営しているメルカリが、ハードウェアウォレットの出品を禁止しました。

この記事では、メルカリがハードウェアウォレットの出品を禁止した件について。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

メルカリがハードウェアウォレットの出品を禁止

2018年1月30日付でメルカリがハードウェアウォレットの出品を禁止しました。

ウォレット2

ハードウェアウォレットの出品禁止のみならず、購入する側に対してもハードウェアウォレットを購入しないよう、かなり厳しい感じで注意喚起しています。

約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が盗まれた事件が原因?

2018年1月26日に仮想通貨の取引所コインチェックから、約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)がブラックハッカーから盗まれる事件が起こりました。

【コインチェックの仮想通貨流失問題】個人投資家への補償はどうなるのか?

流失した仮想通貨を追跡するホワイトハッカーの水無凛(みずなしりん)さんとは?

この事件の影響からか、仮想通貨の取引所に預けていた仮想通貨を安全なハードウェアウォレットに移そうとしている投資家が多いようです。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を安全に保管するためのデバイスのことです。

仮想通貨を取引所に置いたままだと、ブラックハッカーに盗まれてしまう可能性があります。(コインチェックでのNEM流失事件を踏まえて、多くの仮想通貨の取引所がセキュリティを強化していますが、100%絶対に安全というわけではありません)

ハードウェアウォレットはネットから完全に切り離した状態で保管するため、仮想通貨を保管するには非常に安全性が高いものとされています。

なぜメルカリでハードウェアウォレットの出品が禁止されるのか?

メルカリのリリースを詳細に読んでみると、購入したハードウェアウォレットに不正なプログラムが組み込まれていた場合、仮想通貨が盗まれてしまうリスクなどがハードウェアウォレットの出品禁止理由に挙げられています。

出品した側に問題がなくても、意図せずトラブルに巻き込まれてしまう可能性についても書かれています。

仮想通貨を盗まれてしまうリスクや仮想通貨の盗難に巻き込まれるリスクを考慮すると、ハードウェアウォレットの出品だけではなく、万が一ハードウェアウォレットが格安で出品されていたとしても、購入するのは絶対に避けたほうが良さそうです。

ハードウェアウォレットはどこで買えばいい?

ハードウェアウォレットは、メルカリのみならず、他のフリマアプリやネットオークションで購入するのは避けたほうが良さそうです。

ハードウェアウォレットは、きちんと正規品を買うべきです。

LedgerNanoTrezorなどは、公式ホームページから購入することができます。

英語表記なので、英語が苦手という方は翻訳サイトを利用すると便利です。

翻訳サイトなら、Google翻訳がおすすめです。