Androidスマホでおやすみモードを利用する方法

おやすみモード

iPhoneでは、スマホがロックされている間の着信音や通知音を消音にすることができる、おやすみモードを利用することができます。

おやすみモードを使う時間帯を設定しておけば、、寝ている間は着信音や通知音で起こされてしまう心配はありません。

Androidスマホではおやすみモードを利用することができませんが、似たような機能を持つアプリをインストールすることによって、ほぼおやすみモードと同じ機能を利用することができるようになります。

この記事では、Androidスマホで、おやすみモードを利用する方法を解説します。

 

おやすみモードとは?

おやすみモードとは、iPhoneの標準機能の一つです。

スマホがロックされている間は、着信音や通知音を消音にすることができます。

おやすみモードは、手動でオンオフの切り替えが可能ですが、時間を設定することが可能なので、寝ている時間帯に自動でおやすみモードを利用しているユーザーが多いようです。

 

Androidスマホでは、おやすみモードはない

おやすみモードはiPhoneの独自機能なので、Androidスマホにおやすみモードはありません。

ただし、すでに述べたようにAndroidスマホでも似たような機能のアプリをインストールすれば、ほぼおやすみモードと同じ機能を利用することができます。

 

手動ならマナーモードに切り替えられる

Androidスマホには、2段階のマナーモードが用意されています。

具体的には、着信音や通知音を消音するがバイブレーションは振動するタイプと、着信音や通知音を消音しバイブレーションも振動しないタイプの2つです。

着信音や通知音を消音しバイブレーションも振動しないタイプのマナーモードは、機能的にはほとんどiPhoneのおやすみモードと同じものです。

Androidスマホでは、手動でマナーモードに切り替えれます。

手動でなら、ほぼおやすみモードと同じ機能を使えるということになります。

手動でマナーモードに切り替えるには非常に簡単で、

 

おやすみモード2

 

スマホの側面にある「音量ボタンのマイナス」を押して、「着信音と通知音の音量」をゼロにしてください。

「着信音と通知音の音量」がゼロになると、着信音や通知音を消音するがバイブレーションは振動するタイプのマナーモードになります。

 

おやすみモード3

 

さらに「音量ボタンのマイナス」を押すと、上記のように「アラームのみ鳴動」と表示され、着信音や通知音を消音しバイブレーションも振動しないタイプのマナーモードになります。

目覚ましに使うアラーム以外の音が鳴らなくなるため、ほとんどiPhoneのおやすみモードと同じ機能を使うことができます。

 

自動的におやすみモードに切り替えたい場合は、似たような機能のアプリを使う

いちいちおやすみモードに切り替えるのに手動は面倒、iPhoneのように時間設定を行って、自動的におやすみモードに切り替えたい・・・という場合は、似たような機能のアプリを使う方法がおすすめです。

おやすみモードに似たような機能のアプリでは、「オートマナーモード」がおすすめです。

 

おやすみモード5

オートマナーモード(Android向け)

 

オートマナーモードでは、時間帯だけでなく、曜日での設定もできるため、週末の夜はおやすみモードにしないなどの設定方法も可能です。

 

オートマナーモードの設定方法

ここでは例として、平日の午後11時から午前7時までの間をおやすみモード(着信音や通知音が消音される状態)に設定してみます。

 

おやすみモード6

 

オートマナーモードのアプリを開き、画面右上の「+」をタップします。

 

おやすみモード7

 

マナーモード設定画面が表示されるので、「時間」、「曜日」、「モード」を選択して「OK」をタップします。

 

おやすみモード8

 

「OK」をタップすると、マナーモードリストに設定が反映されます。(レ点が付いている状態の場合は、レ点をタップすると、設定がオンになります)

これで、平日の午後11時から午前7時までの間がおやすみモードに設定され、電話の着信音やアプリからの通知音が消音されます。(バイブレーションも振動しません)