スマホからLINEスタンプが作れる「LINE Creators Studio」とは?

LINE Creators Studio1
LINE Creators Studio1

 

2017年6月12日、スマホで簡単にLINEスタンプが作れるアプリ「LINE Creators Studio(ライン クリエイターズ スタジオ)」がLINEからリリースされました。

LINEスタンプを作ってみたいけど難しそう、LINEへ申請したり販売する方法がよくわからない、といった理由で手を出せなかったユーザーには朗報です。

この記事では、スマホで簡単にLINEスタンプが作れるアプリ「LINE Creators Studio」を紹介します。

 

「LINE Creators Studio」とは?

「LINE Creators Studio」を使えば、スマホからLINEスタンプの作成、LINEへの審査申請、クリエイターズマーケット(LINEアプリ内のスタンプショップやLINEストア)で販売することがまとめてできるようになります。

1つのアプリで、LINEスタンプの作成から販売までがまとめてできる点がかなり便利ですね。

 

パソコンやタブレットPCは必要ない?

今までLINEスタンプを作るには、ある程度の専門知識がある人が、パソコンやタブレットPCで作るものでしょ?と考えていた人も多いかと思います。

しかし、「LINE Creators Studio」を使えば、特に専門的な知識のない人でも、スマホから簡単にLINEスタンプを作ることができます。

 

画像編集アプリやイラスト作成アプリも必要ない?

「LINE Creators Studio」には、写真やイラストを切り取る(トリミング)、ペイント、透過処理、フィルター加工、文字を入力するなど、スマホの画像編集アプリやイラスト作成アプリでよく使われている機能が、ほぼ揃っています。

他の画像編集アプリやイラスト作成アプリは、特に使う必要はなさそうです。

 

「LINE Creators Studio」はどこでダウンロードできる?

「LINE Creators Studio」はLINEアプリが提供しているサービスではなく、LINEが制作したアプリです。

他のアプリと同じように、Androidスマホを使っているユーザーはGooglePlayストア、iPhoneを使っているユーザーはAppStoreからダウンロードすることができます。

 

LINE Creators Studio2

 

LINE Creators Studio(Android向け)

LINE Creators Studio(iPhone向け)

 

自分で描いたイラストからLINEスタンプが簡単に作れる

試しに自分で描いたイラストから、LINEスタンプを作ってみます。

 

LINE Creators Studio3

 

まずは、+スタンプを作ろうをタップします。

 

LINE Creators Studio5

 

最初に、スタンプのタイトルを入力します。

ここでは、「太陽のスタンプ」と入力してみました。

LINEによると、スタンプのタイトルは2文字以上40文字以内、半角カナや絵文字などは使えないとなっているので注意してください。

 

LINE Creators Studio6

 

タイトルを入力したら、画面下側の+印をタップします。

 

LINE Creators Studio7

 

スタンプで使う素材を選択する画面が表示されます。

上から、自分でイラストを描く、スマホに保存してある写真を使う、スマホで写真を撮影して使うの3パターンが表示されます。

ここでは、自分でイラストを描いてみますので、一番上の鉛筆のアイコンをタップします。

 

LINE Creators Studio8

 

イラストを描ける編集画面が表示されます。

ここでは、ブラシを使ってイラストを描いてみます。

 

LINE Creators Studio9

 

一応、指で太陽の絵?を描いてみました(汗)

描き終わったら、右上のレ点をタップします。

 

LINE Creators Studio10

 

画面右上のレ点矢印アイコンに変化するので、もう一度タップします。

 

LINE Creators Studio11

 

スタンププレビューが表示されます。

これでOKならば、画面下側の完了をタップします。

 

LINE Creators Studio12

 

完了をタップすると、作成したスタンプがこんな感じでストックされます。

 

スマホに保存してある写真からもLINEスタンプが簡単に作れる

スマホの保存してある写真から、LINEスタンプを作ることもできます。

タイトルを赤ちゃんスタンプと入力して、

 

LINE Creators Studio14

 

上から2番目の丸いアイコンをタップします。

 

LINE Creators Studio15

 

使用する写真を保存してあるアプリケーションを選択します。

ここでは、スマホの画像に保存してある写真を使います。

 

LINE Creators Studio16

 

使う画像をタップすると、トリミングの画面が表示されます。

スタンプとして切り抜きたい部分を指でなぞってください。囲み終わると範囲の微調整ができます。画像は、拡大・縮小が可能です。」と解説も表示されます。

 

LINE Creators Studio17

 

写真から、スタンプとして切り取りたい部分を指でなぞります。

二本の指を使って、写真の大きさを微調整して、大きくしたり小さくしたりできます。

ここでは、少し大きさを縮小してみました。

微調整が終わったら、写真の下にあるレ点をタップします。

 

LINE Creators Studio18

 

スタンププレビューが表示されます。

これでOKならば、画面下側の完了をタップします。

 

LINE Creators Studio19

 

ホーム画面に戻ると、作ったスタンプがきちんとストックされた状態になっています。

 

LINEへの審査申請も簡単にできる

自分で作ったスタンプをクリエイターズマーケット(LINEアプリ内のスタンプショップやLINEストア)で販売したい場合は、LINEへの審査申請が必要になります。

「LINE Creators Studio」を使えば、LINEへの審査申請も簡単にできます。

 

LINE Creators Studio20

 

まずは、販売したいスタンプを選択して、画面右上の販売をタップすると、LINEアカウントの認証を行って、LINEへの審査申請を行うことができます。

なお、販売価格については、120円、240円、360円、480円、600円の5つから選ぶことができます。

販売するエリアについても、日本国内に限定することもできますし、世界中に販売することもできます。

 

 

個人で使うには十分なアプリ

スマホの画像編集アプリやイラスト作成アプリでよく使われている機能が、ほぼ揃っていること、制作から販売までまとめてできることを考えると、LINEスタンプ専用アプリとして使うには、かなり使えるアプリだと思います。

本格的にLINEスタンプを作りたい、多くのLINEスタンプを販売して稼ぎたいというユーザーはともかく、個人で気軽にLINEスタンプを作ってみたいユーザーにはおすすめのアプリです。