【LINE】「コイン交換機能終了のお知らせ」と表示される件について

LINEコイン1

2017年6月6日以降、LINEアプリを起動して、その他(・・・)をタップすると、いきなり「コイン交換機能終了のお知らせ」と表示されるようになりました。

 

LINEコイン2

 

コイン交換機能終了のお知らせ?といきなり言われてもピンとこない人もいるかと思います。

この記事では、「コイン交換機能終了のお知らせ」とは具体的に何をコインと交換する機能が終了するのか?交換機能が終了して、今後はどういう仕組みに変化するのかについて、詳しく解説します。

 

まずは「コイン交換機能終了のお知らせ」について詳しく確認してみる

まずは、画面に表示されている「コイン交換機能終了のお知らせ」について、詳しく確認してみます。

 

LINEコイン3

 

「使うページでの交換終了!」

「LINEの最新バージョンで自動交換ができるよ!」

「LINEのバージョンが、6.8.2以下のお客様に重要なお知らせです。詳細を今すぐ確認しよう!」

など、使いやすさが向上することが書かれていますが、具体的な部分についてはよくわかりません。

とりあえず、詳細を今すぐ確認しよう!という指示に従って、今すぐ確認をタップします。

 

LINEコイン5

 

今すぐ確認をタップすると、使うタブにおけるLINEコイン交換機能終了のお知らせという画面が表示されます。

「使うタブ」という言葉がちょっと難しいんですが、パソコンのブラウザのタブと同様に、スマホで複数のアプリやブラウザの中から、今現在開いているページを使っているタブだと理解してもらえればOKです。

今現在使っているページでのLINEコインの交換機能終了のお知らせと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

書かれている文章はが比較的長いので要約すると、

  • 今現在使っているページで、LINEスタンプ、着せ替え購入時に使うLINEコインへの交換機能を終了します。
  • LINEのバージョンを6.8.2以上にバージョンアップすることで、購入時に自動的にLINEポイントが消費される機能が使えるようになります。
  • LINEのバージョンが6.8.2以前のものを使っている人は、最新のバージョンにアップデートしてください。

の3点です。

 

LINEポイントがそのまま使えるようになった

LINEの初心者や有料のスタンプや着せ替えを購入しないユーザーにとっては、イマイチよくわからないかもしれません。

紹介されているアプリのインストールや公式アカウントの友だち追加、広告動画視聴などによって貰えるのがLINEポイントです。

今までは、このLINEポイントを使って有料のスタンプや着せ替えを購入する場合は、LINEコインに交換することが必要でした。

しかし、LINEのバージョンアップによって、自動的にLINEポイントをLINEコインに交換してくれる=LINEポイントをそのまま消費して使えるようになりました。

いちいちLINEポイントをLINEコインに変換する手間が省かれて、使いやすくなったということです。

 

LINEコイン6

 

購入したいスタンプなどがあった場合、LINEポイントを貯めておけば、面倒な手間を省いて、簡単に購入できるようになりました。

これは便利ですね。

 

「コイン交換機能終了のお知らせ」のお知らせは全てのユーザーに表示される

2017年6月6日現在、LINEのバージョンは最新版の7.5.0を使っていましたが、LINEアプリを起動して、その他(・・・)をタップすると、「コイン交換機能終了のお知らせ」が表示されました。

「コイン交換機能終了のお知らせ」の内容を見る限り、古いバージョンを使っているユーザーに対して、最新バージョンへのアップデートを促すものでしたが、コイン交換機能終了のお知らせ周知のためか、全てのユーザーにこのお知らせが表示されるようです。