【メルカリ】らくらくメルカリ便について

らくらくメルカリ便1

メルカリで使える匿名の配送サービス、「らくらくメルカリ便」について解説します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

らくらくメルカリ便とは?

メルカリが、ヤマト運輸と提携して行っている匿名の配送サービスです。

メルカリで商品を出品した人と購入した人が、互いに名前や住所を伝えなくても、匿名でやり取りすることができます。

メルカリで商品を売ったり、買ったりしたいけど、知らない人に名前や住所を知られるのには抵抗がある・・・という人には安心できるサービスです。

料金はどのくらいかかるのか?

料金は、全国一律です。

日本全国どこに送っても、同じ料金設定になっています。

ヤマト運輸が提供している配送サービスより割安に設定されていて、最大で69%オフとかなりお得な値段設定になっています。(差額は、メルカリが負担してくれます)

具体的な料金は以下の通り。

小型サイズ(ネコポス)

全国一律195円(税込み)

大きさは、A4サイズ(31、2cm×22、8cm以内)

※但し、23cm×11、5cm以内のものはダメ。

厚さは、2、5cm以内、重さは1kg以内まで。

小~中型サイズ(宅急便コンパクト)

全国一律380円(税込み)

※専用の包装材が必要になります。専用の包装材の料金は65円(税込み)でヤマト運輸の営業所か、コンビニで購入できます。(一部のコンビニでは、取り扱っていないところもありますので注意してください)

専用の包装材には、専用薄型BOXと専用BOXの2種類があります。

専用薄型BOXの大きさは、24、8cm×34cm。厚さは制限がありませんが、かなり薄いので、書類数枚程度しか入らない感じです。

専門BOXの大きさは、25cm×20cm。厚さは、5cmです。

重さについては、制限はありません。

中~大型サイズ(宅急便)

包装資材を含めた荷物の縦、横、高さの合計で、

60サイズ(2kgまで)600円(税込み)

80サイズ(5kgまで)700円(税込み)

100サイズ(10kgまで)900円(税込み)

120サイズ(15kgまで)1000円(税込み)

140サイズ(20kgまで)1200円(税込み)

160サイズ(25kgまで)1500円(税込み)

となっています。

宅急便の大きさについては、ちょっとわかりにくいかもしれません。

簡単に説明すると、60サイズは、縦、横、高さの長さを足した合計が60cm以内で、重さは2kgまで。

例えば、縦20cm×横20cm×高さ20cmの大きさで、重さが2kgの荷物なら、60サイズで送ることができます。

自宅に長さを測るものがない場合は、ヤマト運輸の営業所やコンビニなどで計測してもらいましょう。

商品をどこから発送することができるのか?

ヤマト運輸の営業所か、コンビニ(ファミリーマートとサークルK・サンクス)から荷物を発送することができます。

自宅まで集荷で取りにきてもらうことも可能です。

集荷の注意点としては、集荷に来てもらうたびに、別途30円の利用料金がかかります。

また、小型サイズのネコポスは集荷サービスの対象外になっているので、注意してください。

宛名書きはどうすればいいのか?

匿名でやり取りできると聞いたけど、商品を発送する場合に宛名はどう書けばいいのか?と疑問に思う人もいるかと思います。

らくらくメルカリ便を使って配送する場合は、二次元コードを作成し、ヤマト運輸の営業所やコンビニの端末にかざすだけです。

集荷の場合も、来てくれたドライバーさんに、送り状番号を提示するだけです。

宛名を書く必要はありません。

配送料金の支払い方法は?

メルカリの売上金から、配送料金が自動的に差し引かれます。

ですから、ヤマト運輸の営業所やコンビニから発送する際に、配送料金を支払う必要はありません。

配送する際に、間違って配送料金を支払ってしまわないように注意しましょう。

配達状況を確認することはできるのか?

出品した人も購入した人も、スマホから配達状況を確認することができます。

メルカリの取引画面から、配達状況を直接確認することが可能です。

通常の小包などとは違い、追跡番号を入力するなどの余計な手間が省けるので、簡単に配達状況をチェックできます。

万が一のとき、補償は受けられるのか?

配送時にトラブルがあり、商品が紛失したり、破損してしまったときは、商品代金の全額をメルカリが補償してくれます。

通常の小包などは、配送会社が補償をしてくれますが、らくらくメルカリ便の場合は、配送会社ではなくメルカリが補償をしてくれます。

注意事項

らくらくメルカリ便は、「送料込み(出品者負担)」の場合のみ利用できます。

また、宅急便コンパクトは販売代金が450円以上、宅急便は販売代金が1000円以上でないと利用できないので、注意してください。

関連記事

【メルカリ】ゆうゆうメルカリ便とは?

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)
かんたんブログのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする