携帯電話(ガラケー)版LINEが2018年3月を目処にサービス終了

携帯電話

LINEから、携帯電話(ガラケー)版LINEが2018年3月を目処にサービス終了することが発表されました。

この記事では、携帯電話(ガラケー)版LINEのサービス終了について。

 

2018年1月中旬以降は、新規登録もできなくなる

LINEの公式ブログによると、携帯電話(ガラケー)版LINEは、2018年1月中旬以降、新規登録もできなくなるようです。

2018年3月を目処にサービスを終了するということで、少しづつサービスを縮小していくようです。

 

LINEを継続して使いたい場合は、スマホ版かPC版に引き継ぐことが可能

携帯電話(ガラケー)版LINEを使っていた人は、スマホ版かPC版のLINEにアカウントを引き継ぐことが可能です。

携帯電話(ガラケー)版LINEで登録したメールアドレスとパスワードを使って、それぞれログインするだけでOKです。

携帯電話(ガラケー)で使っていたLINEアカウントをそのまま使えます。

 

外出先でLINEを使いたい場合は、スマホに買い替えることが必要

今まで携帯電話(ガラケー)でLINEを使ってきたという人は、PC版に引き継ぐこともできますが、外出先でLINEを使いたい(おそらく多くの人がそうだと思いますが)場合には、スマホに買い替えることが必要になってきます。

LINEの公式ブログによると、スマホの普及により携帯電話版LINEの利用者数は年々減少し、2012年11月時点から5年間で94.5%減少したとのことです。

もはや携帯電話(ガラケー)を使っている人は、相当な少数派ということになりますね。

使いやすさという点を考慮すると、携帯電話(ガラケー)からスマホに買い替えるいい機会かもしれません。(使い慣れたガラケーから新しいスマホへ買い替えるのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、慣れてくるとスマホのほうが圧倒的に使いやすいです)

料金面でも格安SIMも充実してきており、格安のスマホ端末や月額料金も多く登場しており、キャリアの携帯電話(ガラケー)を使うよりも経済的にお得な選択肢が数多く用意されています。

 

携帯電話2

 

上記は格安SIMのLINEモバイルで使っているLINEアプリです。

格安SIMでもきちんとSMS認証が使える、年齢認証が行えるなど、LINEなどのSNSが使いやすくなっています。(これはLINEモバイルだけでなく、格安SIM業界全体に言えることです)

使い慣れた携帯電話(ガラケー)で十分と考えている人も、これを機会に使いやすさや料金を考慮してスマホに買い替えることをぜひ検討してみてください。