スマホを機内モードに設定する方法

機内モード

この記事では、スマホを機内モードに設定する方法を紹介します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

スマホの機内モードとは?

スマホの機内モードとは、通話機能やパケット通信、Wi-Fiなど全ての通信を遮断してくれる機能です。

元々は飛行機に乗っている間の安全面を考慮して、全ての通信を遮断する機能としてスマホに付けられたものです。

どんな場所で機内モードを使うのか?

飛行機に乗る以外にも病院などでは医療機器に悪影響を及ぼさないよう、スマホの利用を控えるようにアナウンスしているところもあります。

またマナー上の観点から、映画館で映画を見ているときや図書館で本を読んでいるときなどに機内モードを使うというのもありですね。

基本的には、精密機器に悪影響を与えてしまいかねない場所や他の人たちに迷惑をかけてしまいかねない場所で機内モードが使える感じです。

機内モードは電波の受信状態が悪いときにも使える

機内モードは、スマホの電波の受信状態が悪いときにも使えます。

一時的に機内モードに切り替え、全ての通信を遮断してから再度機内モードをオフにして通信を繋ぐと電波の受信状態が改善されることがあります。

機内モードは、通信を切り替えるオンオフの手段としても使えます。

iPhoneを機内モードに設定する方法

iPhoneを機内モードに設定するには、

機内モード2

iPhoneのホーム画面を開き、画面を下から上にスワイプします。

機内モード3

コントロールセンターが表示されるので、機内モード(飛行機のアイコン)をタップします。

機内モード(飛行機のアイコン)の色が変化するれば、機内モードに設定されます。

iPhoneの場合は、設定から機内モードに切り替えることもできます。

機内モード6

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

機内モード7

設定画面が表示されるので、機内モードの項目をオンにすれば機内モードに切り替わります。

Androidスマホを機内モードに設定する方法

Androidスマホを機内モードに設定するには、

機内モード8

Androidスマホのホーム画面を開き、上から下に2回ほどスワイプします。

機内モード9

クイック設定ツールが表示されるので、機内モードのアイコンをタップします。

機内モードのアイコンの色が変化するれば、機内モードに設定されます。

機内モードに設定しても使える機能は?

機内モードに設定しても、制限されるのは通信機能だけです。

通信機能を使わないアプリは基本的に使えます。

イヤホンをつけてダウンロードした音楽を聴いたり、オフラインで使えるゲームなどで遊ぶことができます。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)
かんたんブログのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする