スマホの操作用語について

操作

スマホに関する記事を読んでいるときに、あれ?この操作用語って何だっけ?と思うことはありませんか?

フリックスワイプの違いは?

スクラブって何?

マルチタップって、どう操作するのか?

などなど。

きちんとスマホの操作用語を理解していないと、記事を読んでも参考になりません。

そこで今回は、スマホの操作用語について、詳しくまとめてみました。

タップ(tap,single tap)

スマホの画面を指で一回叩く操作。

アプリを起動したり、何かを選択する場合に使われます。

タップ操作が行われたと判断されるタイミングは、指を押した瞬間ではなく、指を離した瞬間です。

反応が悪いなと感じたときは、指で軽く叩く感じでタップしてみてください。

ダブルタップ(double tap)

スマホの画面を指で二回叩く操作。

使用頻度は低く、地図やブラウザの画面を拡大したり縮小したりするときなどに使われます。

ロングタップ(long tap,long press)

スマホの画面を指で長押しする操作。

アイコンやフォルダなどを選択するときなどに使われます。

ドラッグ(drag)

ロングタップしたまま、指を離さずスライドさせる操作。

アイコンやフォルダなどを他の場所に移動させるときなどに使われます。

パソコンのドラッグと同じです。

フリック(flick)

スマホ画面を指で押してから、さっと一定方向に払う操作。

上下左右にフリックすることができ、日本語入力などに使われます。

スワイプ(swipe)

スマホ画面を指で押してから、一定方向にスライドさせる操作。

スマホの画面を切り替えたり、電子書籍などのページをめくる際などに使われます。

フリックと混同されることが多いので要注意。

ピンチイン(pinch-in,pinch-close)

スマホの画面に2本の指(基本は親指と人差し指ですが、どの指でもOK)を乗せ、つまむように動かす操作。

スマホ画面に表示されている地図や写真などを縮小するときなどに使われます。

ピンチアウト(pinch-out,pinch-open)

ピンチインとは逆に、スマホの画面に2本の指(ピンチインと同様、どの指でもOK)を乗せ、広げるように動かす操作。

スマホ画面に表示されている地図や写真を拡大するときなどに使われます。

画面の小さなスマホには、便利な機能です。

マルチタップ(multi-tap)

同時に2本以上の指で行う操作。

ピンチインとピンチアウトもマルチタップに含まれます。

キーボード式ボタンのシフトキーを押したまま英語の大文字を入力したり、楽器アプリを演奏するなど多様な使い方ができます。

スクラブ(scrub)

調節ボタンなどを指で押しながら、スライドする操作。

音量の調節や、動画や音楽の再生位置を移動させるときなどに使われます。

シェイク(shake)

スマホを左右に小刻みに振る操作。

LINEで友だち登録するときなどに使われます。(LINEでは、お互いのスマホを近づけてシェイクすれば友だち登録できます)

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)
かんたんブログのレクタングル広告(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)