【将棋】藤井聡太四段の28連勝(歴代1位タイ)がかかる6月21日の対局を見る方法

藤井聡太四段の28連勝

史上最年少でプロ棋士になった藤井聡太(ふじいそうた)四段ですが、6月17日に行われた朝日杯将棋オープン戦の一次予選一回戦で藤岡隼太アマに勝利し、連勝記録を27に伸ばしました。

歴代の連勝記録1位は、1987年に記録された神谷広志八段の28連勝であり、次の対局で勝利すれば歴代1位タイに並ぶことになります。

プロデビュー以来、公式戦無敗を誇る驚異的な藤井聡太四段の強さに加えて、歴代の連勝記録1位タイのかかった対局をぜひ見てみたいと考えている人は多いかと思います。

この記事では、藤井聡太四段の28連勝がかかった、6月21日(水)に行われる王将戦一次予選、澤田真吾六段 対 藤井聡太四段の対局をネットから見る方法について紹介します。

藤井聡太四段の対局予定を知りたい方、その対局をネットで視聴する方法を確認しておきたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【将棋】藤井聡太四段の対局予定&ネットで対局を視聴する方法

AbemaTV(アベマTV)、niconico(ニコニコ動画)、日本将棋連盟ライブ中継、将棋プレミアムなど各メディアから将棋の対局を視聴する方法については、こちらの記事を参考にしてください。

【将棋】話題のプロ棋士藤井聡太四段の対局をネットで見る方法

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

次に行われる王将戦一次予選、澤田真吾六段との対局はどこで見れる?

6月21日(水)に行われる王将戦一次予選、澤田真吾六段 対 藤井聡太四段の対局は、囲碁将棋チャンネルのネット配信サービスである将棋プレミアムから見ることができます。

王将戦は、以前は他のネットメディアでも生中継されていましたが、同棋戦の後援に囲碁将棋チャンネルが入ったことで、囲碁将棋チャンネルが独占放送するようになりました。

将棋プレミアムは、パソコン、タブレットPC、スマホから視聴することが可能です。

将棋プレミアムで対局を見る場合は、下記にアクセスしてください。

将棋プレミアム

スマホから視聴する場合に、アプリをインストールする必要はありません。

パソコンやタブレットPCと同じようにブラウザから視聴できるようになっています。

6月21日(水)の対局は、何時から見れる?

将棋プレミアムの中継予定を見てみると、王将戦一次予選、澤田真吾六段 対 藤井聡太四段の対局は、午前9時45分から生中継される予定です。(生中継が始まる時間が午前9時45分で、対局開始時間が午前10時の予定です)

対局開始から終局後まで、さらに終局後の記者インタビュー、感想戦まで放送される予定です。(将棋プレミアムのHPには退室までと記載されています)

将棋プレミアムは有料のサービスである点に注意

将棋プレミアムは、完全な有料サービスです。

会員登録を行い、課金しないと対局を見ることが見ることができません。

無料で視聴できるお試しキャンペーンなどは行っていないので、対局を見る場合は、必ず有料の会員登録が必要になります。

生中継を見られるのは、ゴールド会員(月額2000円)と1day会員(一日500円)のどちらかの会員登録する必要があります。

ちなみに将棋プレミアムでは、中継予定のところで、澤田真吾六段 対 藤井聡太四段の対局は人気面から考慮して、当日はサーバーの混雑が予想さえるため、前日までに会員登録を済ませておくことを推奨しています。

仕事や用事などで生中継を見れない場合は?

将棋プレミアムには、オンデマンド(VOD)という好きなときに番組を見られる機能が用意されています。

ゴールド会員とシルバー会員がこのオンデマンドサービスを利用することができます。(ゴールド会員は、生中継も見ることができる)

仕事や用事などで、生中継が見れない場合は、このオンデマンドサービスを利用するしかないようです。

ただし、将棋プレミアムのオンデマンドについては、サービスの紹介ページを見てみると、生中継された対局は、翌月から1か月間限定で見放題となっています。

澤田真吾六段 対 藤井聡太四段の対局をオンデマンドサービスで、後から見ようとした場合、7月1日から31日の間でしか見れないことになります。

オンデマンドサービスを利用する場合は、翌月まで待たなければならないという点に注意してください。

棋譜中継だけなら日本将棋連盟ライブ中継で観戦できる

王将戦一次予選、澤田真吾六段 対 藤井聡太四段の対局は、日本将棋連盟の将棋対局観戦アプリ「日本将棋連盟ライブ中継」でスマホから観戦することもできます。

ただし、こちらは将棋番組によくある解説者と聞き手のやり取りがなく、ただ盤上の駒が更新されるだけの棋譜中継なので、やや中上級者向けのものになっています。

また、日本将棋連盟ライブ中継も将棋プレミアムと同様に有料のサービスなので注意してください。(月額500円の課金が必要になります)