YouTube(ユーチューブ)で音が出ない場合の原因と対処法

YouTube1

YouTube(ユーチューブ)で動画を見ているときに、映像はきちんと視聴できているのに、音が出ない場合があります。

この記事では、きちんと映像は視聴できるのになぜ音が出ないんだろう?という疑問と、どうすれば音が出るようにできるのかという対処法について解説します。

 

まずはスマホやパソコンの音量がミュート(消音)になっていないか確認する

基本的なことですが、結構多いのがスマホやパソコンの音量がミュート(消音、音量が0の状態になっていること)になっている勘違いです。

iPhoneの場合の確認方法

iPhoneの場合は、端末の側面にある音量ボタンを押すと音量がミュート(消音)になっていないか確認することができます。

 

音が出ない2

 

音量がミュート(消音)になっていた場合は、音量を上げてください。

Androidスマホの場合の確認方法

Androidスマホの場合は、端末側面の音量ボタンを押すと、画面上部にクイック設定パネルが表示されます。(Androidスマホの音量ボタンがどのボタンなのかについては、機種によって違いがあります。自分が使っているAndroidスマホの取扱説明書で確認してみてください)

 

音が出ない3

 

クイック設定パネルの右側にあるV字のところをタップします。

 

音が出ない5

 

V字のところをタップすると、クイック設定パネルが拡大され、通知音と着信音の音量メディアの音量アラームの音量を確認できるようになります。

Androidスマホでは、YouTubeなどのアプリの音量は真ん中のメディアの音量(演奏楽譜のアイコン)で確認できます。

メディアの音量がミュート(消音)になっていた場合は、スライダーを右にスライドして音量を上げてください。

パソコンの場合の確認方法

パソコンの音量については、画面右下のスピーカーのアイコンをクリックすると、音量がミュート(消音)になっていないか確認することができます。

 

音が出ない7

 

スピーカーのアイコンは、ちょっと小さいので注意してください。

 

YouTube3

 

 

メガホンのアイコンの横に×印が付いている状態だと、ミュート(消音)の状態です。

 

音が出ない6

 

メガホンのアイコンをクリックすると、ミュート(消音)が解除されます。

パソコンの場合は、ワンクリックでミュート(消音)にできるため注意が必要です。

本人にそのつもりがなくても、誤ってメガホンのアイコンをクリックしてミュート(消音)していないか確認しておきましょう。

自宅で家族とパソコンを共有している、職場で同僚とパソコンを共有しているなどの場合、自分がミュート(消音)に切り替えていなくとも、他の人がミュート(消音)に切り替えてしまう可能性があります。

 

YouTubeの音量がミュート(消音)になっていないか確認する

スマホのYouTubeアプリ自体は音量を調節できませんが、パソコンのYouTubeは音量を調整できるようになっています。

パソコンの場合は、YouTubeの音量がミュート(消音)になっていないか確認してみてください。

 

YouTube2

 

YouTubeの音量がミュート(消音)になっていないか確認するには、音量ボタンにマウスカーソルを合わせるだけでOKです。

 

音が出ない8

 

YouTubeの音量がミュート(消音)になっていた場合は、スライダーを右にスライドして音量を上げてください。

 

動画に問題がある場合

視聴者側には全く問題がなく、動画に問題があって音が出ない場合もあります。

音源などが著作権に反している場合、YouTubeの運営側が音源をカットしている場合もあります。

YouTubeは動画投稿サイトなので、動画の投稿者が音源の編集をミスって動画をアップロードした場合に音が出ない場合もあります。

YouTubeを視聴していて音が出ないときは、他の動画も視聴して、音が出ているか確認してみてください。

YouTubeの運営から音源をカットされている場合と動画の投稿者がミスをした場合は、視聴者側はどうしようもありません。

 

スマホを再起動してみる

スマホでYouTubeを視聴しているときに、稀に音が出なくなるときがあります。

スマホで何らかの不具合があり音が出ない場合は、スマホを再起動してみてください。

 

音が出ない9

 

Androidスマホの場合は、電源ボタンを長押しするとメニューが表示されるので、再起動をタップしてください。

再起動をタップすると、スマホの電源が切れた後に、自動的にスマホが再起動します。

 

YouTubeで音がでない

 

iPhoneの場合は、電源ボタンを長押しすると上記のような画面が表示されます。

スイッチを右へスライドして、一度電源を切ります。

完全にスマホの電源が切れたのを確認したら、再度電源ボタンを長押しして、スマホを再起動してみてください。

スマホの再起動には、メンテナンス効果があり、軽微な不具合ならこれで修正される可能性があります。

 

YouTubeのアプリを最新のバージョンに更新しておく

スマホで使っているYouTubeのアプリは、できるだけ最新のバージョンにアップデートして使うようにしてください。

できるだけ最新のバージョンを使うことで、アプリの不具合を回避できる可能性も高くなるかと思います。

便利なのが、スマホ内のアプリを自動的にアップデートするように設定しておくことです。(YouTubeアプリのみならず、スマホ内の全てのアプリを自動的にアップデートできるようになります)

iPhoneの設定方法

iPhoneで、アプリを自動でアップデートするように設定するには、

 

音が出ない10

 

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

 

音が出ない11

 

設定画面が表示されるので、iTunes StoreとApp Storeをタップします。

 

音が出ない12

 

iTunes StoreとApp Storeの画面が表示されます。

この画面でアップデートの項目をオンにすると、アプリを自動でアップデートするようになります。

Androidスマホの設定方法

Androidスマホで、アプリを自動でアップデートするように設定するには、

 

音が出ない15

 

Androidスマホのホーム画面を開き、GooglePlayストアのアイコンをタップします。

 

音が出ない16

 

GooglePlayストアのアイコンを開いたら、左上にあるハンバーガーアイコン(三本線のアイコン)をタップします。

 

音が出ない17

 

メニューが表示されるので、設定をタップします。

 

音が出ない18

 

GooglePlayストアの設定画面が表示されるので、アプリの自動更新をタップします。

 

音が出ない19

 

ポップアップが表示されるので、常に自動更新するWi-Fiに接続しているときだけ自動更新するを選択します。(経済的なメリットを考えると、Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新するを選択したほうがお得です)

 

音が出ない20

 

アプリの自動更新の項目が、Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新するになればOKです。

これでアプリが自動的にアップデートするようになります。

 

関連記事

YouTubeチャートとは?今流行りの音楽が確認できる!!

【YouTube】ダークテーマに設定する方法

YouTubeがブラウザでなくアプリで勝手に開いてしまう場合の対処法

【YouTube】あなたへのおすすめを削除してリセットする方法

【YouTube】英語の動画に日本語字幕を付ける方法