流失した仮想通貨を追跡するホワイトハッカーの水無凛(みずなしりん)さんとは?

ホワイトハッカー

2018年1月26日深夜に、仮想通貨の取引所であるコインチェックによる緊急記者会見が開かれ、約580億円分の仮想通貨の「NEM(ネム)」が不正アクセスにより、流失したことが発表されました。

この事態を受けて、NEM財団から依頼を受けホワイトハッカーの水無凛(みずなしりん)さんが流失した仮想通貨の「NEM(ネム)」を追跡しています。

この記事では、流失した仮想通貨の「NEM(ネム)」を追跡しているホワイトハッカーの水無凛(みずなしりん)さんとは誰なのか?について。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

ホワイトハッカーとは?

ホワイトハッカーとは、コンピューターやネットワークに関して高度な知識やスキルを持つ者の中でも、その技術を正しい方向で使おうとしている人たちのことです。

ハッカーという言葉には、元々悪い意味はなかったのですが、マスコミなどの影響でコンピューターやネットワークに関して高度な知識やスキルを持つ者の中でも、その技術を悪用する人たちのイメージがついてしましました。

そのため、技術を正しく使おうとする人たちをホワイトハッカー、技術を悪用する人たちをブラックハッカーと呼ぶようになってきています。

技術を悪用する人たちをブラックハッカーではなく、クラッカーと呼ぶべきという意見もあり、この辺についてはあまり細かくこだわる必要はないかもしれません。

NEM財団から依頼を受けたホワイトハッカーの水無凛(みずなしりん)さんとは?

NEM財団から依頼を受け、流失した仮想通貨の「NEM(ネム)」を追跡しているホワイトハッカーの水無凛(みずなしりん)さんですが、Twitterアカウントを持っているので、彼女?の言動についてはフォローすることができます。

水無凛(みずなしりん)さんのTwitterアカウントはこちら


彼女?はNEM財団の人材が足りてない分野や新しい事業において、フルタイムでボランティアを行っているようです。

一応寄付の受付も行っているようですが、あくまでNEM財団のボランティアに関する分野でだけ寄付を受け付けている感じです。

どうやら水無凛(みずなしりん)さんはキャラクターらしい

水無凛(みずなしりん)さんのTwitterアカウントを見てみると、17歳の女子高生となっていまが・・・


しかし、あくまで 水無凛(みずなしりん)さんはキャラクターであり、水無凛のメモページを確認すると、中の人は主夫であることが書かれています。

昔は会社で働いていて、

  • Unix中心のサーバ・ネットワーク設計、構築及びそれらに付随するプログラミング
  • スーパーコンピューター(ベクトル/共有パラレル/分散パラレル)のベンチマーカー

  • 色々なところから持ち込まれたプログラムをスパコンにあわせて高速化する仕事
  • 大学・企業・ISPのネットワーク設計及び構築(100箇所以上)

    上記+ASPのWebユーザインターフェース及びサーバ系のプログラミングマルチポスト・マルチプラットフォームに対応した、ネットワーク系業務システムの

  • 開発及び保守業務(Javaだと、sevlet,JSP,RMI,JNI,SOAPとか)
  • セキュリティー関連のコンサルティング、及び設計・構築業務
  • 企業及びISP向けの、セキュリティーホールの洗い出しとその対処方法の提案及び修正・構築業務
  • 社内における対顧客向けセキュリティー事業の立ち上げ業務
  • 企業向け、セキュリティーメールマガジンの発行業務
  • 企業向け、IDS,IPSポリシー策定サービス及び改善業務、またそれに付随する設置・保守業務
  • 自社及び他社における、ISO9001及びISMS認証取得の為の監査補佐及び自社では事務局運営業務
  • 通信事業者向け、新規サービス立ち上げコンサルティング及び支援サービス

などの仕事を手掛けていたことが紹介されています。

映画「電車男」にも出演していたことも紹介されていて、なかなか興味深い方ですね。