Twitterの基本的な使い方

ツイッターの基本的な使い方1
ツイッターの基本的な使い方1

 

Twitterの基本的な使い方について、解説していきます。

 

ツイート(つぶやく)

とりあえず、基本中の基本。ツイートのやり方から。

 

ツイッターの基本的な使い方2

右上のツイート、もしくは真ん中上のいまどうしてる?のところに文章を打ち込めば、ツイートすることができます。

 

右上のツイートをクリックすると、こんな感じでツイートできるようになります。

ツイッターの基本的な使い方3

試しにツイートしてみます。

 

ツイッターの基本的な使い方4

文章を書きこんで、ツイートボタンをクリック。

 

ツイッターの基本的な使い方5

ツイートが反映されました。

 

真ん中上のいまどうしてる?のところからもツイートしてみます。

 

いまどうしてる?のところをクリックすると、枠が広がってこんな感じになります。

ツイッターの基本的な使い方6

こちらも試しにツイートしてみます。

 

ツイッターの基本的な使い方7

文章を書きこんで、ツイートボタンをクリック。

 

ツイッターの基本的な使い方8

こちらもツイートが反映されました。

 

ちなみに自分のツイートだけを確認したい場合は、

ツイッターの基本的な使い方9

右上の自分のアイコン画像をクリックしてください。(アイコン画像を設定していない人は、たまごの形のアイコンが表示されます)

 

ツイッターの基本的な使い方10

ポップアップメニューが表示されるので、プロフィールを表示のところをクリックします。

 

ツイッターの基本的な使い方11

プロフィールが表示され、自分のツイートだけを確認することができます。

ツイートは簡単なので、自分の思っていることや感想などなど、どんどんつぶやいてみましょう。

 

フォロー

フォローすると、フォローしたユーザーのツイートを見られるようになります。

興味があるユーザーを探して、フォローしてみましょう。

 

ツイッターの基本的な使い方12

興味のあるユーザーを探すには、右上にあるキーワード検索を使うと便利です。

試しに、日本経済新聞のアカウントを探して、フォローしてみます。

 

ツイッターの基本的な使い方14

キーワード検索に、日本経済新聞と書きこんでクリック。

 

ツイッターの基本的な使い方15

こんな感じで、検索結果が表示されます。

日本経済新聞の電子版をフォローしたいので、フォローするをクリックします。

 

ツイッターの基本的な使い方16

フォローするとなっていたところが、フォロー中に変わりました。

これで、日本経済新聞の電子版のアカウントをフォローしている状態になりました。

 

ツイッターの基本的な使い方17

ホームをクリックして、Twitterの基本画面に戻ってみましょう。

 

ツイッターの基本的な使い方18

日本経済新聞の電子版のツイートが表示されるようになりました。

これでフォローは完了です。

フォローも簡単なので、興味があるユーザーをどんどんフォローしてみてください。

 

リツイート

リツイートとは、英語だとReTweet。再ツイートという意味です。RTと表記することもあります。

自分が良いと思った他のユーザーのツイートを、再投稿することです。

再投稿したツイートは、自分をフォローしてくれている他のユーザーにも見られるようになります。

それでは、実際にリツイートしてみましょう。

 

ツイッターの基本的な使い方19

リツイートしたいツイートの左下、赤線で囲んであるところをクリックします。

 

ツイッターの基本的な使い方20

こんな感じの画面が表示されます。特に引用ツイートをしないのであれば、リツイートボタンをクリック。

 

ツイッターの基本的な使い方21

リツイートが反映されました。自分のタイムラインだけでなく、フォロワーのタイムラインにも同様のリツイートが加わります。

ちなみにリツイートした場合、上部に「…さんがリツイートしました」と表記されるので、誰がリツイートしたのかわかるようになっています。

これは良いな、これは他の人にも知らせたいなどなど、リツイートしたいと思ったら、どんどんリツイートしてみましょう。

 

まとめ

Twitterを使う上で基本となる、ツイート、フォロー、リツイートの3点について解説しました。

Twitterは簡単なツールなので、この3点がわかれば、もう始めることが可能です。

Twitterには他にも便利な機能がたくさんありますが、使いながら覚えていくことをおすすめします。