【Twitter】特定のキーワードをミュート(非表示に)する方法

キーワードミュート1
キーワードミュート1

 

Twitter(ツイッター)で、特定のキーワードをミュート(非表示に)する方法を解説します。

 

ミュートとはどんな機能なのか?

ミュートとは、簡単に言うと非表示にすることです。

Twitterでは、不愉快だとか見たくないと言ったキーワードをNG設定にすることができます。

あらかじめ、NGにするキーワードを設定しておけば、そのキーワードを含んだツイートをミュート(非表示に)することが可能です。

 

特定のキーワードをミュートする利点

Twitterには、特定のアカウント自体をミュートできる機能もありますが、使い方はかなり限定されます。(友人や知人のアカウントなどを見たくはないけど、仕方なくフォローしてるなど)

逆に、特定のキーワードをミュートできる機能については、かなり使えます。

例えば、何らかのトラウマを抱えている人(過去に虐待やいじめなどを受けた等)が、その特定キーワードをNG設定にしておけば、タイムラインにそのキーワードを含むツイートが流れても非表示にできます。

生理的にダメだとか、その話題を見ただけで怒りが蘇るなど、精神的に不愉快なキーワードを遮断することが可能です。

 

具体的にミュートできる範囲は?

最大140文字の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグをミュートできます。

ミュートするキーワードには、大文字小文字の区別はありません。

句読点の入った単語やフレーズもミュートすることができます。

特定のキーワードをミュートすると、そのキーワードを含むツイートだけでなく、そのキーワードを含むハッシュタグも自動的に非表示になります。

例えば、ミュートするキーワードに「ネットワークビジネス」と設定しておくと、「ネットワークビジネス」と「#ネットワークビジネス」の両方がミュートされます。

他に人にミュートしていることはバレないのか?

他のユーザーには、個人が特定のキーワードをミュートしている情報は一切わかりません。

 

特定のキーワードをミュートする設定手順

まずは、右上のアイコンをクリックします。

 

キーワードミュート2

 

メニューが表示されるので、設定とプライバシーをクリックします。

 

キーワードミュート3

 

ユーザー情報の画面が表示されます。

この画面の左側にあるメニューの中から、ミュートするキーワードをクリックします。

 

キーワードミュート5

 

ミュートしているキーワードという画面が表示されます。

この画面で、ミュート(非表示に)したいキーワードを追加することができます。

 

キーワードミュート6

 

試しに、「ネットワークビジネス」というキーワードをミュートしてみます。

「ネットワークビジネス」と入力して、追加ボタンをクリックします。

 

キーワードミュート7

 

ミュート中と表示され、「ネットワークビジネス」というキーワードが非表示設定になりました。

 

キーワードミュート8

 

ちなみに、ミュート設定を解除したい場合は、ミュート中ボタンをクリックしてください。

キーワードの非表示設定が解除されます。

 

関連記事

【Twitter(ツイッター)】詳細フィルターとは?