【bitflyer(ビットフライヤー)】二段階認証の設定方法

ビットフライヤー

この記事では、仮想通貨の取引所であるbitflyer(ビットフライヤー)でセキュリティを向上させるために、二段階認証を設定する方法を紹介します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

二段階認証とは?

二段階認証とは、通常のログイン確認に追加してさらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

仮想通貨の取引所では、ログインの際にはメールアドレスとパスワードでログイン確認を行います。

さらにスマホの二段階認証を行うためのアプリでセキュリティコードを発行し、二段階で確認するやり方が一般的です。

bitflyerは、万一の際には補償してくれる制度を設けていますが、二段階認証を行っていない場合は補償の対象外になってしまいます。

余程の理由がない限り、二段階認証の設定をしておくことをおすすめします。

まずはスマホに二段階認証を行うためのアプリをダウンロードする

まずは、スマホに二段階認証のためのアプリをダウンロードします。

iPhoneユーザーは「Google Authenticator」、Androidユーザーは「Google 認証システム」をダウンロードします。

名称は異なりますが、両方ともGoogle社が提供している二段階認証用のアプリです。

Google Authenticator(iOS向け)

Google 認証システム(Android向け)

他にも二段階認証用のアプリはありますが、Google社が提供しているアプリが使いやすいのでおすすめです。

bitflyerで二段階認証を設定する

まずは、bitflyerにアクセスします。

ビットフライヤー2

bitflyer

bitflyerにアクセスしたら、画面左下の設定をクリックします。

ビットフライヤー3

設定をクリックしたら、セキュリティ設定二段階認証を変更するをクリックします。

ビットフライヤー5

二段階認証の設定画面が表示されます。

最初に、本人確認がとしてbitflyerに登録してあるメールアドレスに確認コードが記載されたメールが送られます。

メールに記載してある確認コードを赤枠の中にコピペして、次へをクリックします。

ビットフライヤー6

次に、変更内容の選択画面が表示されます。

ここでは一番簡単な認証アプリを使うを選択します。(SMSやメールで受け取るやり方も比較的簡単です。自分のやりやすい方法を選択してみてください)

いつ使用するかについては、

  • ログイン時
  • 外部アドレスの登録時
  • 日本円の出金時

の3点全てを選択することをおすすめします。

セキュリティの面から考慮すると、全てやっておいた方が良いというより、全部やっておくべきです。

ニュース等で、海外の仮想通貨取引所で仮想通貨の盗難などが報道されたりしていますが、日本でも起こりうる可能性があります。

せっかく二段階認証するわけですから、セキュリティについては万全の状態に設定しておきましょう。

ビットフライヤー7

変更内容の選択を済ますと、QRコードが表示されるので、あらかじめスマホにダウンロードしておいた二段階認証用のアプリでこれを読み込みます。

二段階認証用のアプリでQRコードを読み込むと、確認コードが表示されるので、上記の画面の赤枠内に入力して、二段階認証を設定するをクリックします。

ビットフライヤー8

これで、bitflyerの二段階認証が完了です。

関連記事

bitflyer(ビットフライヤー)に口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順