【Zaif(ザイフ)】二段階認証の設定方法

ザイフ

この記事では、仮想通貨の取引所であるZaifでセキュリティを向上させるために、二段階認証を設定する方法を紹介します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

二段階認証とは?

二段階認証とは、通常のログイン確認に追加してさらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

仮想通貨の取引所では、ログインの際にはメールアドレスとパスワードでログイン確認を行い、スマホの二段階認証を行うためのアプリでセキュリティコードを発行し、二段階で確認するやり方が一般的です。

まずはスマホに二段階認証を行うためのアプリをダウンロードする

まずは、スマホに二段階認証のためのアプリをダウンロードします。

iPhoneユーザーは「Google Authenticator」、Androidユーザーは「Google 認証システムをダウンロードします。

名称は異なりますが、両方ともGoogle社が提供している二段階認証用のアプリです。

Google Authenticator(iOS向け)

Google 認証システム(Android向け)

他にも二段階認証用のアプリはありますが、Google社が提供しているアプリが使いやすいのでおすすめです。

Zaifで二段階認証を設定する

二段階認証用のアプリをスマホにダウンロードしたら、次にZaifのウェブサイトへアクセスします。

ザイフ2

Zaifのウェブサイトへアクセスしたら、画面右上にあるアカウントをクリックします。

ザイフ3

アカウントの画面が表示されるので、2段階認証をクリックします。

ザイフ5

セキュリティの画面が表示されるので、2段階認証の設定を開始をクリックします。

ザイフ6

2段階認証の設定画面が表示されます。

この画面であらかじめスマホにダウンロードしておいた二段階認証のためのアプリで、QRコードを読み込みます。

ザイフ7

スマホの二段階認証アプリでQRコードを読み込みこむと、6桁のセキュリティコードが表示されるので、画面下部の入力欄に6桁のセキュリティコードを入力します。

ザイフ8

これでZaifの二段階認証の設定が完了です。

関連記事

【Zaif(ザイフ)】二段階認証を解除する方法

Zaif(ザイフ)に口座開設(ユーザー登録&本人確認)する手順

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)
かんたんブログのレクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする