【iPhone】様々なデータを同期&バックアップしてくれるiCloudとは?

同期
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、iPhoneで様々なデータを同期&バックアップしてくれるクラウドサービス「iCloud」を紹介します。

 

iCloudとは?

iCloudは、iOSに搭載されているクラウドサービスです。

無料で5GBまでの容量を利用でき、各種データをオンラインにバックアップすることができます。

iPadやMacで、iPhoneと同じApple IDを使ってiCloudにサインインすれば、最新のデータを同期することが可能です。

例えばiPhoneで追加した連絡先は、即座にiPadの連絡先に追加されますし、iPhoneのSafariでブックマークすると、同じようにiPadやMacのSafariのブックマークに追加されます。

カレンダーに入力した予定も、常に同じ状態に保たれます。

iPhoneで書きかけのメモを、iPadで引き継いで作業を続けることも可能です。

メッセージアプリや通話の履歴、インストール中のアプリやホーム画面の配置、各種設定などの細かい点まで自動バックアップし、機種変更をした際にデータを復元することもできます。(もちろん機種変更する場合は、iPhoneからiPhoneへ機種変更した場合に限ります。iPhoneからAndroidスマホへ機種変更した場合は、データを復元することはできません)

 

iCloudを利用する際の注意点

iCloudは、Apple IDでサインインしないと利用できません。

Apple IDを持っていない場合は、新規に作成しておいてください。

 

iCloudの各種機能を有効にするには?

iCloudの各種機能を有効にするには、

 

同期2

 

iPhoneのホーム画面から、設定アプリをタップします。

 

同期3

 

設定アプリを開いたら、一番上にあるApple IDなどの管理メニューをタップします。

 

同期5

 

iCloudをタップします。

 

同期6

 

この画面で、iCloudの各種機能を有効にする(オンとオフを切り替える)ことができます。

 

iCloudで利用できる機能

iCloudでは、多くの機能を利用することができます。

写真

写真をiCloudフォトライブラリやマイストリームでバックアップ、同期できます。

メール

iCloudメール(〇〇〇〇〇@icloud.com)を利用して、メールボックスを複数の端末で同期することができます。

連絡先

連絡先データをiPadやMacと同期することができます。

削除した連絡先データを復元できる機能も備えています。

カレンダー

iPadやMacとカレンダーのデータを同期できます。

常に同じ状態の予定を確認することが可能です。

リマインダー

iPadやMacとリマインダーのデータを同期でき、同じリマインダーを利用できます。

完了も同時に反映されるようになっています。

メモ

iPadやMacと同期でき、例えばiPhoneで作成していたメモを途中からiPadで引き継いで作業することができます。

Safari

iPadやMacと同じブックマークを利用できるだけでなく、開いているタブも同期されます。

これはかなり便利な機能です。

ホーム

HomeKitに対応した家電などのアクセサリを操作、管理できます。

Wallet

Apple Payの利用には、iCloudの有効化が必要になります。

パスを同期することも可能です。

Game Center

対応しているゲームアプリの記録やスコアの共有ができます。

キーチェーン

iPadやMacとネット上で使っているユーザー名やパスワード、クレジットカード情報などを共有できます。

iPhoneを探す

iPhoneの位置情報の確認や遠隔操作など、紛失や盗難したときなどに役立つ機能を利用できます。

iCloudバックアップ

各種設定やメッセージアプリ、通話の履歴、アプリデータなどを自動でバックアップしてくれます。

iCloud Drive

各種アプリからファイルをアップロード、ダウンロードできるクラウドストレージ。

 

iCloudの容量は5GBを超えると有料

iCloudの容量は5GBまで無料で使えますが、5GBを超えて利用する場合は有料となります。

月額で、

  • 50GBまでは130円
  • 200GBまでは400円
  • 1TBまでは1300円
  • 2TBまでは2500円

となっています。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク