iPhoneの画面は何を使って拭くべき?逆に使ってはいけないものは?

画面

この記事では、iPhoneの画面は何を使って拭けばいいのか?についてと、逆にiPhoneの画面を拭くのに使ってはいけないものなどについて詳しく解説します。

スポンサーリンク
かんたんブログのレクタングル広告(大)

iPhoneの画面は何で拭けばいい?

iPhoneの画面を拭くには、繊維が細やかで画面に傷がつきにくいものを使うべきです。

また水分を含んでいるもので拭いてしまうと、拭き終わった後に水分が残ってしまい、水垢汚れの原因になってしまうことがあります。

水分を含まず、繊維が細やかで画面を傷つけにくいものとしては、メガネクロスやクリーニングクロスがおすすめです。

メガネクロスやクリーニングクロスは、繊維が非常に細やかなマイクロファイバー素材を使っているものが多く、iPhoneの画面を傷つけてしまう心配がありません。

また水分も含んでいないため、水垢汚れの心配もありません。

iPhoneの画面を拭くのに使っていけないものは?

iPhoneの画面を拭くのに使ってはいけないものとしては、

  • ハンカチやタオルなど、繊維が粗いもの
  • ウェットティッシュなど水分を含んでいるもの

などが挙げられます。

すでに述べたように、繊維が粗いとiPhoneの画面に傷をつけてしまう可能性がありますし、水分を含んでいるものは水垢汚れの原因となってしまう可能性があります。

注意したいのがティッシュです。

ティッシュは手にとって触ってみると手触りがいいため、非常に繊維が細やかな印象を受けます。

しかし原料が紙であるため、マイクロファイバー素材のメガネクロスやクリーニングクロスに比べると繊維がやや粗く、傷がついてしまう可能性があります。

眼鏡屋さんなどで、ティッシュを使ってメガネを拭くと小さな傷がつくので、必ずメガネクロスを使ってくださいと言われるのは、このためです。

ティッシュを使うことは、できるだけ避けたほうが無難です。

個人的にiPhoneの画面を拭くのに使っているもの

個人的には、液晶画面に傷がつきにくい極細繊維で加工されたエレコム社のクリーニングクロスを使っています。

このクリーニングクロスは、マイクロファイバー素材の中でも最も超極と言われる繊維「ベリーマ X」を使っていて、ほとんど繊維の粗さがないというか感じられないレベルです。

拭き取りやすくソフトな風合いの起毛タイプなので、簡単にサッと拭くだけで、iPhoneの画面についた手垢や皮脂を簡単に落とすことができます。

iPhoneの画面をキレイに拭くのに、何か良いものはないかと探している人には、ぜひおすすめです。