【BeautyCam/美顔相機 】ぐるぐる目に写真加工する方法

beautycam29
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、写真加工アプリのBeautyCam(美顔相機)を使って、ぐるぐる目に写真加工する手順を解説していきます。

やり方がよくわからない方は、細かく手順を説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

BeautyCam(美顔相機)をまだインストールしていない人はこちらを参考にしてください。

beautycam1

【目ぐるぐるアプリ】BeautyCam(美顔相機)の注意点

2017年2月10日

ぐるぐる目に加工する具体的な手順

まずは、BeautyCamを立ち上げます。

ホーム画面が表示されたら、左にフリックしてください。

beautycam10

右に移動したら、「PikaPika」をタップします。

beautycam11

次に「Classic」をタップします。

beautycam12

「Classic」をタップすると、「アニメ『PikaPika』が新しいエフェクトとスタイルをあなたにお届けします!アップグレードして今すぐお試し!」と表示されます。

ここではアップグレードを選ぶので、「確定ボタン」をタップします。

beautycam14

ダウンロードが終わっても、画面が変わりません。

もう一度、「Classic」をタップします。

beautycam15

「Select a layout」という画面が表示されます。

画面下に様々なレイアウトが表示され、好きなレイアウトを選べます。

どれを選んでもぐるぐる目にできるので、好きなレイアウトを選んでください。

今回は、中華風のレイアウトを選んでみます。

beautycam16

「次」をタップすると、加工する写真を選択することができます。

自撮りするか、アルバムにある写真を使うかを選べます。

今回は、アルバムの中にある写真を使ってみます。

ちなみに今回使う写真は、無料写真サイト「pixabay」の素材を使わせてもらいました。

beautycam18

写真を選択すると、拡大表示されます。

画面下の「写真を選択」をタップします。

beautycam19

「インポートされた画像が960×1280pxより小さい場合、PikaPikaの品質が低下します。」と「ヒント」が表示されます。

「了解」をタップして、次に進みます。

beautycam20

「了解」をタップすると効果音が鳴り、編集画面に移ります。

画面右下の「リップのアイコン」をタップします。

beautycam21

画面下に加工できるアイコンが並んで表示されます。

デフォルトだと「weepy(涙ぐむ)」になっています。

左にフリックしてください。

beautycam22

ぐるぐる目にできるのは、「Dizzy(目が回る)」です。

「Dizzy」を見つけて、タップしてください。

beautycam23

「Dizzy」をタップすると、「Wi-Fi接続なし、ダウンロードを続行しますか?」と表示されるので、「ダウンロード」をタップします。

beautycam24

ダウンロードが完了したら、もう一度「Dizzy」をタップします。

beautycam25

これで、ぐるぐる目になります。

加工した写真を保存する場合は、画面の一番下のところをタップします。

beautycam26

画面の一番下にチェックマークが表示されるので、タップしてください。

加工した写真が保存されます。

beautycam27

選択したレイアウトが組み合わされ、完了です。

beautycam28

この時点で加工した写真は、スマホ本体の画像ファルダーにきちんと保存されてます。

まとめ

上記の手順通りにすると、「Dizzy」がデフォルトの状態になります。

自撮りしてみれば、自動的にぐるぐる目に加工してくれます。

ちなみに「Dizzy」はぐるぐる目の他に、

  • 瞳の位置補正(やや寄り目な感じになります)
  • 眉の補正(やや眉が足されます)
  • 肌の補正(これは標準的な感じ)

などの写真加工もしてくれます。

ぜひ、みなさんもぐるぐる目にチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク