【Twitter(ツイッター)】ブックマーク機能が使えない場合の対処法

使えない
スポンサーリンク



スポンサーリンク



2018年3月から、Twitter(ツイッター)でツイートをブックマークできる機能が追加されました。(厳密には、2018年2月から一部のユーザーに対して先行リリースされていましたが)

しかしTwitterを見てみると、ブックマーク機能が追加されていないという人もいるようです。

この記事では、Twitterのブックマーク機能が使えない場合の対処法について解説します。

 

Twitterのブックマーク機能が使えない?


ユーザーによっては、Twitterのブックマーク機能が使えない状態のままのようです。

 

 Twitterのブックマーク機能を使えない原因は?

Twitterのブックマーク機能が使えない理由としては、

  • Twitterのアプリが最新のバージョンでない。
  • Twitterの公式アプリではなく、サードパーティのアプリを使っている。

などの理由が考えられます。

2018年3月時点では、ブックマーク機能に対応しているのが、スマホ向けのTwitter公式アプリとモバイル版Twitter(mobile.twitter.com)のみとなっています。

 

ブックマーク機能が使えない場合の対処法は?

Twitter公式アプリを使っていて、ブックマーク機能が使えない場合は、アプリを最新のバージョンにアップデートしてみてください。

また、サードパーティが提供しているTwitter向けアプリを利用しているという場合は、残念ながらそのサードパーティが対応してくれるのを待つしかないようです。

ぜひブックマーク機能を使ってみたいという場合は、Twitterの公式アプリを併用してみることをおすすめします。

普段は便利なサードパーティが提供しているアプリを使い、ブックマーク機能を使いたいときにTwitterの公式アプリを使うなど、ある程度使い分けるのも良いかもしれません。

 

関連記事

【Twitter(ツイッター)】ツイートをブックマークに追加&削除する方法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク