【iPhone】Wi-Fi接続を使わずに150MB以上のアプリをダウンロードする方法

100MB
スポンサーリンク



スポンサーリンク



iPhoneでは、Wi-Fi接続されていない状態でApp Storeからサイズの大きいアプリ(150MB以上のもの)をダウンロードしようとすると、「このアイテムは150MBを超えています」と表示され、アプリのダウンロードがなかなか進まないようになっています。

この記事では、Wi-Fi接続を使わずに150MB以上のアプリをダウンロードする方法を紹介します。

 

「このアイテムは150MBを超えています」と表示される

iPhoneでは、モバイルデータ通信量の使用過多を防ぐためにWi-Fi接続されていない状態だと、サイズの大きいアプリ(150MB以上)をダウンロードしようとしても、アプリのダウンロードが進まないようになっています。

 

100MB2

 

例えば、上記のようにサイズが1、8GB(1800MB)のアプリをWi-Fi接続なしの環境でダウンロードしてみます。

 

150MB2

 

このアイテムは150MBを超えています

このアイテムで増分ダウンロードを利用できない場合は、Wi-Fiに接続するまで、「〇〇〇」をダウンロードできない可能性があります。

キャンセル OK

と確認のメニューが表示されます。

 

100MB6

 

「OK」をタップしても、一向にダウンロードが進みません。

 

Wi-Fi接続を使わずに150MB以上のアプリをダウンロードする方法

できることならWi-Fi接続されている環境でアプリをダウンロードするのがベストなんですが、どうしてもWi-Fi接続されている環境でアプリをダウンロードしたい場合は、

 

150MB3

 

アプリの「入手」をタップした後に、iPhoneの画面を下から上にスワイプして、「コントロールセンター」を表示させます。

「コントロールセンター」を表示させたら、「飛行機のアイコン」をタップして、「機内モード」に切り替えます。

数秒待ってから、再度「飛行機のアイコン」をタップして、「機内モード」を解除します。

「機内モード」を解除したら、App Storeへ戻ります。

 

100MB3

 

App Storeへ戻ると、きちんとアプリのダウンロードが開始されました。

 

このダウンロード方法を使う際の注意点

このダウンロード方法を使ってしまうと、Wi-Fiと接続されていない状態でアプリをダウンロードすることになるので、当然ながらモバイルデータ通信量を消費してしまいます。

契約しているモバイルデータ通信量の上限に余裕がある場合はいいですが、そうでない場合は自宅のWi-Fi、もしくは近所のコンビニなど無料でWi-Fiが利用できる場所でアプリをダウンロードすることをおすすめします。

 

関連記事

【iPhone】「このアイテムは150MBを超えています」と表示された場合の対処法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク