パソコンがフリーズした場合の対処法

フリーズ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、パソコンのが画面が固まる、動かなくなる・・・いわゆるフリーズと呼ばれる場合の対処法を詳しく解説します。

まずはパソコンの状態を確認する

まずは落ち着いて、パソコンの状態を確認してください。

パソコンの状態によって対処法が変わってきます。

画面がフリーズした状態では、おおよそ次の3つの状態が考えられます。

  • 使っているアプリだけが動かない。
  • 画面全体は固まってるが、マウスやキーボードは反応する。
  • 画面全体が固まっていて、マウスやキーボードも動かせない。

パソコンがフリーズした場合の対処法

使っているアプリだけが動かない場合

少し待ってみましょう。

プログラムの処理に時間がかかっているだけかもしれません。

処理が終了すれば、操作できる可能性もあります。

またウィンドウズが止まったアプリを検知してくれて、強制終了するかを確認する画面を表示することもあります。

時間を置いても改善されない場合は、アプリを強制終了させましょう。

[Ctrl]キー+[Shift]キー+[Esc]キーの3つを同時に押すか、タスクバーの余白部分を右クリックして、タスクマネージャーを表示させます。

タスクマネージャー

強制終了させたいアプリを選んで、「タスクの終了」をクリックすればOKです。

画面全体は固まってるが、マウスやキーボードは反応する場合

[Ctrl]キー+[Alt]キー+[Del]キーの3つを同時に押してみてください。

「セキュリティオプション」の画面が表示され、電源をシャットダウンすることができます。

[Ctrl]キー+[Alt]キー+[Del]キーの3つを同時に押してみても、「セキュリティオプション」の画面が表示されない場合は、強制的に電源を切るしかありません。

パソコンの電源ボタンを4秒以上長押ししてください。

電源ボタンを4秒以上長押しすると、パソコンの電源が強制的に切れます。

画面全体が固まっていて、マウスやキーボードも動かせない場合

いわゆる「ハングアップ」と呼ばれる状態です。

この場合は、パソコンの電源を強制的に切るしか手段がありません。

この場合もパソコンの電源ボタンを4秒以上長押しして、パソコンの電源を強制的に切ります。

強制的に電源を切るのは最終手段

強制的に電源を切ると、稀に一部のファイルが壊れてしまうことがあります。

最終的な手段として使ってください。

強制的に電源を終了した場合、きちんとパソコンが再起動できるか確認したあと、「Cドライブ」のエラーチェックを行うことをおすすめします。

「Cドライブ」のエラーチェックは、「エクスプローラー」を開き、「PC」をクリックしてください。

ドライブのエラーチェック1

「OS(C:)」を右クリックして、「プロパティ」を選択してください。

ドライブのエラーチェック2

「ツール」を選択して、「エラーチェック」内の「チェック」をクリックして「OK」にすると、ハードディスクに問題はないか調べられます。

エラーが検出された場合には、指示に従って「ドライブの修復」をしてください。

まとめ

パソコンがフリーズしてしまった場合は、上記の方法を参考にして、できるだけ強制的に電源を切らない方法で対処してください。(ハングアップ状態以外では)

強制的に電源を切った場合は、保存していなかったデータが全て失われるので注意してください。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク