Androidスマホでおやすみモードを利用する方法

おやすみモード
スポンサーリンク



スポンサーリンク



iPhoneではおやすみモードを利用することで、スマホががロックされている間の着信音、警告音、通知音などを消音にすることができるようになっています。

おやすみモードを使う時間帯を設定しておけば、寝ている間に着信音、警告音、通知音などで起こされる心配はありません。

Androidスマホではおやすみモードを利用することができませんが、似たような機能を持つアプリをインストールすることによって、ほぼおやすみモードと同じ機能を利用することができるようになります。

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、おやすみモードを利用する方法を詳しく解説します。

おやすみモードとは?

おやすみモードとは、iPhoneの標準機能の一つです。

スマホがロックされている間は、着信音、警告音、通知音などを消音にすることができます。

おやすみモードは手動でオンオフの切り替えが可能ですが、時間を設定することが可能なので、寝ている時間帯については、自動的におやすみモードを利用しているユーザーが多いようです。

Androidスマホにはおやすみモードがない

おやすみモードはiPhoneの独自機能なので、Androidスマホにはおやすみモードがありません。

ただし、すでに述べたようにAndroidスマホでも似たような機能のアプリをインストールすれば、ほぼおやすみモードと同じ機能を利用することができます。(機種によっては、ほぼおやすみモードと同様の機能を持つアプリが標準装備されています)

手動ならマナーモードに切り替えられる

Androidスマホには、2段階のマナーモードが用意されています。

具体的には、着信音や通知音を消音するがバイブレーションは振動するタイプと、着信音や通知音を消音しバイブレーションも振動しないタイプの2つです。

着信音や通知音を消音しバイブレーションも振動しないタイプのマナーモードは、機能的にはほとんどiPhoneのおやすみモードと同じものです。

Androidスマホでは、手動でマナーモードに切り替えれます。

手動でなら、ほぼおやすみモードと同じ機能を使えるということになります。

手動でマナーモードに切り替えるには非常に簡単で、

おやすみモード2

Androidスマホの側面にある「音量ボタンのマイナス」を押して、「着信音と通知音の音量」をゼロにしてください。

「着信音と通知音の音量」がゼロになると、着信音や通知音を消音するがバイブレーションは振動するタイプのマナーモードになります。

おやすみモード3

さらに「音量ボタンのマイナス」を押すと、上記のように「アラームのみ鳴動」と表示され、着信音や通知音を消音しバイブレーションも振動しないタイプのマナーモードになります。

目覚ましに使うアラーム以外の音が鳴らなくなるため、ほとんどiPhoneのおやすみモードと同じ機能を使うことができます。

自動的におやすみモードに切り替えたい場合は、似たような機能のアプリを使う

いちいちおやすみモードに切り替えるのに手動は面倒、iPhoneのように時間設定を行って、自動的におやすみモードに切り替えたい・・・という場合は、似たような機能のアプリを使う方法がおすすめです。

おやすみモードに似たような機能のアプリでは、「オートマナーPlus+」がおすすめです。

オートマナーPlus+
オートマナーPlus+
開発元:HoNKoT
¥100
posted withアプリーチ

マナーモードに切り替える時間帯を自由に設定できるため、ほとんどiPhoneのおやすみモードと同様に使えます。

難点としては、有料(100円)であること。

ただし、使い勝手はiPhoneのおやすみモード以上と言っていいレベルなので、元は十分とれる感じです。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、おやすみモードを利用する方法を詳しく解説してみました。

Androidスマホではおやすみモードを利用することができませんが、「オートマナーPlus+」などのようなおやすみモードに似た機能を持つアプリをインストールすれば、ほぼおやすみモードと同じ機能を利用することができるようになります。

Androidスマホで、おやすみモードのような機能を使いたい場合は、ぜひ「オートマナーPlus+」などのアプリを試してみてください。

関連記事

アラーム

【Androidスマホ】アラームが鳴らない場合の対処法

2018年5月9日
スポンサーリンク



スポンサーリンク