LINEの年齢確認について

年齢確認1
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、LINEの年齢確認(認証)について解説します。

LINEの年齢確認とは?

LINEでは「LINE ID」を使って、ユーザー検索をしたり、友だちを追加することができます。

とても便利な機能なんですが、「LINE ID」を利用するには、18歳以上であるとの年齢確認が必要になります。

これは、18歳未満のユーザーが出会い系などのトラブルに巻き込まれないようにLINEが行っている対策の一つです。

この年齢確認は、携帯電話会社(キャリア)の登録情報を使って行われます。

 

他のユーザーに年齢を知られてしまうのか?

年齢確認をしても、他のユーザーに年齢を知られてしまうことはありません。

年齢確認は、あくまで18歳以上であることを認証するだけの作業です。

 

年齢確認の手順

ここではdocomoを例に説明します。

LINEアプリを立ち上げたら、右上の歯車のマークをした設定をタップします。

 

年齢確認2

 

年齢確認をタップします。

 

年齢確認3

 

年齢確認画面が表示されます。

年齢確認がされてない状態だと、年齢認証結果未確認になっています。

年齢認証結果の項目をタップして、年齢確認を行います。

 

年齢確認5

 

年齢確認を行いますか?」というメニューが表示されます。

確認をタップします。

 

年齢確認6

 

docomoの年齢判定機能へログインできるようになります。

OKをタップします。

 

年齢確認7

 

docomoの年齢判定機能ページが表示されます。

ドコモの年齢判別機能を利用し、判定結果をLINEに通知しますか?」というところを確認します。

判定結果の通知のところを、通知するにチェックします。

 

年齢確認8

 

下にスワイプして、実行をタップします。

 

年齢確認9

 

年齢認証結果ID検索可になっているのを確認します。

 

年齢確認10

 

ID検索可になっていれば、年齢確認は無事終了です。

 

友だち登録に便利なIDを設定する

年齢確認を済ませたら、自分のIDを設定することをお勧めします。

自分のIDを設定しておけば、遠く離れた友人でも、IDを知らせるだけで簡単に友だち登録ができます。

IDを設定する際には、

  • すでに使われているIDは利用できない。
  • 一度設定したIDは変更できない。

の2点に注意して、IDの設定を行ってください。

特に後者の一度設定したIDは変更できない点は要注意です。

とりあえず適当なIDをつけたり、スペルミスをしたままIDを設定してしまうと後から変更することができません。

そのあたりを考慮して、自分のIDを設定してみてください。

 

自分のIDを設定する手順

まずは設定をタップします。

 

ID設定1

 

設定画面が表示されたら、アカウントをタップします。

 

ID設定2

 

IDが設定されていない状態だと、IDのところが未設定になっています。

IDの項目をタップして、IDの登録画面に進みます。

 

ID設定3

 

IDとして登録したい半角英数字を20字以内で入力します。

使用可能か確認ボタンをタップして、入力したIDが使えるか確認します。

 

ID設定5

 

すでに使われているIDだと、「すでに使用されているIDです。」との表示が出ます。

 

ID設定6

 

少し変えて登録してみます。

このIDは利用可能です。」と表示されました。

このIDなら登録できるので、保存をタップします。

 

ID設定7

 

これで、IDの登録が完了です。

 

ID設定8

 

未設定だったIDが、設定したID表示に代わっていることが確認できます。

年齢確認と自分のID設定が終了すれば、他のユーザーのIDを検索したり、自分のIDを他のユーザーから検索してもらうことが可能になります。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク