テーマを選んで投資できる「LINEスマート投資」とは?

投資
スポンサーリンク



スポンサーリンク



投資

2018年10月から、テーマを選んで投資できる「LINEスマート投資」がスタートしました。

この記事では、テーマを選んで投資できる「LINEスマート投資」について詳しく紹介します。

テーマを選んで投資できる「LINEスマート投資」とは?

「LINEスマート投資」とは、テーマを選んで投資が行えるモバイル投資サービスです。

LINE上から簡単に投資が行える上に、テーマごとに少額から投資することが可能になっています。

手間が面倒だったり、ある程度のまとまった資金が必要だったりするため、投資をためらっていた人に最適なサービスとなっています。

どのくらいの金額から投資できる?

投資というと、普通は上場企業の株式などを買って保有するイメージがあります。

東京証券取引所に上場されている企業の株式は、最低売買単元が100株となっており、購入するためにはある程度まとまった金額が必要になります。

例えば日本を代表する自動車メーカーのトヨタ自動車などは、現在1株6000円台で売買されています。(2018年10月現在)

最低売買単元が100株なわけですから、トヨタ自動車の株式を買うとなると約60万円以上の資金を用意しなければなりません。

人によっては躊躇してしまう金額ですね。

それに対して「LINEスマート投資」では、プロが厳選した10社で構成されたテーマに10万円くらいの金額から投資できるようになっています。

通常の株式投資に比べると、かなり少額から投資できる仕組みです。

テーマごとに投資できる仕組みとは?

すでに述べた通り、「LINEスマート投資」では、プロが上場企業10社を選び、テーマごとに投資できるようになっています。

上場企業の最低売買単元は100株となっていますが、「LINEスマート投資」では1株から取引できる「単元未満株取引」を導入し、10銘柄に分散投資をしながら、10万円程度から投資が可能になっています。

ちなみに投資できるテーマは、「VR(仮想現実)」、「電気自動車」、「人工知能」、「ドローン」、「カジノ解禁」など幅広いテーマが数多く用意されています。

例えば「VR(仮想現実)」のテーマに投資すると、

  • ソニー
  • エレコム
  • クリーク・アンド・リバー社
  • IMAGICA GROUP
  • バンダイナムコHLDG
  • スクウェア・エニックスHLDG
  • ディー・エヌ・エー
  • セガサミーHLDG
  • コシダカHLDG
  • カプコン

の10社に分散投資される仕組みとなっています。(2018年10月現在)

どんな投資テーマが用意されているのか?

「LINEスマート投資」では、非常に幅広い投資テーマが用意されています。

すでに挙げた「VR(仮想現実)」、「電気自動車」、「人工知能」、「ドローン」、「カジノ解禁」以外だと、

  • 「トップブランド」
  • 「業界No.1」
  • 「創業100年」
  • 「全個体電池」
  • 「半導体材料」
  • 「サイバーセキュリティ」
  • 「宇宙開発」
  • 「自動運転車」
  • 「次世代素材」
  • 「5G(次世代通信システム)」
  • 「鉄道」
  • 「映画」
  • 「コスプレ」
  • 「テレビゲーム」
  • 「第4次アニメブーム」
  • 「e-Sports(イースポーツ)」
  • 「ソーシャルゲーム」
  • 「温泉」
  • 「世界シュアNo.1」
  • 「ようこそ日本へ」
  • 「リニア新幹線」
  • 「インダストリアルロボット」
  • 「グローバル・ニッチ・トップ」
  • 「キャッシュレス・ジャパン」
  • 「セルフレジ」
  • 「さよなら電柱」
  • 「はたらく女性」
  • 「シニア・ビジネス」
  • 「働き方改革」
  • 「メンズコスメ」
  • 「アンチエイジング」
  • 「ジェネリック医薬品」
  • 「再生医療テクノロジー」
  • 「最先端医療マシン」
  • 「ドラッグストア」
  • 「健康食品」
  • 「甲信越」
  • 「名古屋」
  • 「北陸」
  • 「東海」
  • 「東北」
  • 「大阪」
  • 「九州」
  • 「京都」
  • 「神戸」
  • 「中国・四国」
  • 「ガールズトレンド」
  • 「子育てを楽しく」
  • 「水ビジネス」
  • 「サードパーティー・ロジスティクス」
  • 「花粉症対策」
  • 「自転車」
  • 「カメラ・写真」
  • 「ペットと暮らす」
  • 「インテリア」
  • 「シュアリングエコノミー」
  • 「麺」
  • 「お酒」
  • 「寿司」
  • 「クッキング」
  • 「外食チェーン至上主義」
  • 「スイーツ&デザート」
  • 「コーヒー」
  • 「健康食品」
  • 「キャッシュリッチ企業」
  • 「連続増配」
  • 「高ROE」

などのテーマが用意されています。(2018年10月現在)

売買手数料は?

「LINEスマート投資」での売買手数料は、テーマごとに選ばれた銘柄の売買代金の0.5%(税抜・最低手数料50円)となっています。

売買手数料が業界最低水準であることを売りにしているDMM株やネット証券最大手のSBI証券などと比べると、やや割高な売買手数料となっています。

例えば10万円分の売買手数料を比べてみると、

LINEスマート投資 500円(税抜) 約0.5%
DMM株 80円(税抜) 約0.008%
SBI証券 90円(税抜) 約0.009%

となっています。

投資をしてみたいけど、割安な売買手数料のところで取引したい場合は、DMM株やSBI証券などのネット証券で口座を開設した方が良さそうです。

ネット証券は競争が激しく、どこも売買手数料は安くなっていますが、安さを基準で選ぶのなら売買手数料が業界最低水準であることを売りにしているDMM株がおすすめです。

元本が保証されているわけでない点に注意

これは当たり前のことですが、「LINEスマート投資」も投資である以上は損失が出る可能性もあります。

別に元本が保証されているわけではありません。

必ず投資する前にテーマごとに組み入れられている企業や業界動向についてきちんと調べ、納得してから投資することをおすすめします。

まとめ

「LINEスマート投資」は、LINE上から簡単に投資が行える、10万円程度から投資できるなど、かなり敷居の低い投資サービスとなっている印象です。

ネット証券などに比べると売買手数料がやや高い点が気になるところですが、投資したいテーマに少額から投資できるのは今までなかったサービスだけに、これから投資を始めようという層には良さそうな感じのサービスです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク