【メルカリ】プロフィールを編集する方法

メルカリのプロフィール1
スポンサーリンク



スポンサーリンク



フリマアプリのメルカリを始めたら、最初にやっておきたいのがプロフィールの編集ですね。

買い手(お金を出す方)のほうはあまり重要ではないかもしれませんが、売り手(お金を受け取る方)のほうは、きちんとプロフィールを編集しておくべきでしょう。

この記事では、メルカリのプロフィールの編集方法について解説します。

メルカリのプロフィールを編集する方法

メルカリのアプリを起動したら、メニューを表示させ、設定プロフィールとタップします。

 

メルカリのプロフィール2

 

プロフィールの編集という画面が表示されます。

この画面で、アイコン画像ニックネーム自己紹介の3つを編集することができます。

 

アイコン画像は自分の顔写真を使うべき?

メルカリでは、SNSのようにアイコン画像を設定することができます。

メルカリを利用してみると、自分の顔写真をアイコン画像に使っている人もいますね。

人によっては、お金をやり取りするわけだし、きちんと自分の顔写真を使うべきかなと思う人もいるかもしれません。

結論から言うと、メルカリの利用規約を読む限り、アイコン画像に自分の写真を使わなければならないというルールはありません。

アイコン画像には、風景写真やイラストなどを使っても大丈夫です。

アイコン画像については、自分の使いたい画像を使ってください。

ただし、勝手に芸能人の写真や漫画のキャラクターを使うことはNGです。

著作権に抵触するものは、絶対に使わないようにしましょう。

 

ニックネームは本名を使うべき?

メルカリを利用していると、ごく稀にニックネームに本名を使っている人もいますね。

お金のやり取りをするんだし、きちんと本名でやり取りがしたいという人もいるかと思います。

結論から言うと、こちらもアイコン画像と同様、本名を使わなければならいなどのルールはありません。

ニックネームなので、そのままの意味の通り、愛称やあだ名で大丈夫です。

自分の好きなニックネームを使ってください。

ただし、勝手に企業名やブランド名を使うことはNGです。

企業やブランドの名前を勝手に使って、商品を売ったとなると冗談では済みません。

くれぐれも紛らわしい、誤解を招くようなニックネームを使うことは避けてください。

 

なぜ自己紹介は1000文字も使えるのか?

自己紹介で使える文字数というと、Twitter(ツイッター)で160文字まで、Instagram(インスタグラム)で150文字までとなっています。

メルカリではなんと、自己紹介に使える文字数が1000文字までとなっています。

メルカリ初心者の方からすれば、自己紹介に1000文字も使うなんて、長すぎるんじゃないかと思うかもしれません。

実はメルカリの自己紹介欄では、多くの人たちが自己紹介の他に、売買についての注意事項を書いています。

例えば、メルカリでは頻繁に値下げ交渉されることがありますが、この値下げ交渉自体をしたくない場合は、あらかじめ「値下げ交渉には応じていません」と自己紹介欄に明記しておくと便利です。(もちろん、プロフィールを見ないで値引き交渉をしてくる人もいますが)

 

自己紹介は必ず書かないといけない?

書きたくない人は、無理に書かなくても大丈夫です。

メルカリでは、必ず自己紹介を書かなければならないというルールもありませんし、自己紹介を書くことを推奨しているわけでもありません。

自己紹介を書くか書かないかは、あくまでも個人の自由です。

 

自己紹介を書くときに気をつけることは?

自己紹介を書くときに気をつける点は、まずは読む人の側の視点を持つことです。

  • 特定の地域でしか使われていない方言を使う
  • 同世代の人たちの間で流行っている言葉を使う
  • 普段使っているネットスラングを使う

上記のような言葉を使った自己紹介だと、人によっては意味が通じない可能性があります。

方言、流行語、ネットスラングなどは、住んでいる地域が違う、世代が違う、ライフスタイルが違う人には意味が通じないだけでなく、何を書いているのかよくわからない人だと誤解を受けてしまう可能性もあります。

メルカリで多くの人に商品を買ってもらうためには、きちんと誰が読んでもわかるような言葉で自己紹介を書くように気をつけるべきです。

 

読んだ人が安心できる文章を書く

自己紹介を書くにあたって一番大切なことは、読んだ人に誠実な印象を与え、この人なら安心して取引ができると思ってもらうことです。

誰が読んでもわかりやすい文章を書くことも重要ですが、できるだけ丁寧な文章を書くようにしましょう。

 

自己紹介に絶対に書いてはいけないことは?

メルカリの自己紹介欄は、不特定多数の人が自由に見ることができます。

住所や電話番号など、個人情報に関することは絶対に書かないようにしましょう。

たとえ売買上のトラブルがないとしても、個人情報を不特定多数の人に見られる状態にあるということは、個人情報の観点から見るとあまりよろしくありません。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク