【GMOコイン】二段階認証の設定方法

二段階認証
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、仮想通貨の取引所であるGMOコインで二段階認証を設定する方法を紹介します。

仮想通貨の取引所で使われている二段階認証とは?

仮想通貨の取引所で使われている二段階認証とは、通常のログイン確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

仮想通貨の取引所では、基本的にログインする際に「メールアドレス」と「パスワード」でログイン確認を行います。

さらにスマホの二段階認証を行うためのアプリで「セキュリティコード」を発行し、二段階で確認するやり方が二段階認証です。

セキュリティ面を考慮すると、余程の理由がない限り、二段階認証の設定をしておくことをおすすめします。

2018年1月26日には、日本国内でも大手の仮想通貨の取引所であるcoincheck(コインチェック)で不正アクセスがあり、約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流失する事件が起こっています。

coincheck(コインチェック)で起こった不正アクセスによる約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流失された事件については、こちらの記事をどうぞ。

流失

【コインチェックの仮想通貨流失問題】個人投資家への補償はどうなるのか?

2018年1月27日

万が一の事態にに備えて、二段階認証はやっておきましょう。

まずはスマホに二段階認証を行うためのアプリをダウンロードしておく

GMOコインで二段階認証の設定を行う前に、スマホに二段階認証のためのアプリをダウンロードしておいてください。

iPhoneユーザーは「Google Authenticator」、Androidユーザーは「Google 認証システム」をダウンロードします。

名称は異なりますが、両方ともGoogle社が提供している二段階認証用のアプリです。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

GMOコインでは、SMSや電話を使った二段階認証が用意されていますが、手間のかからないスマホのアプリでの二段階認証がおすすめです。

仮口座の段階では二段階認証ができない点に注意

GMOコインでは、仮口座の段階では二段階認証の設定ができません。

自宅へ郵送されてくる「口座開設のお知らせ」を受け取り、その中に記載されているコードを入力しないと仮口座から本口座に昇格させることができません。

二段階認証の設定は、きちんと本口座にしてから行うようにしてください。

GMOコインで二段階認証を設定する

まずはGMOコインの口座へログインします。

二段階認証2

GMOコインの口座にアクセスしたら、画面左下の「口座情報」をクリックします。

二段階認証3

「口座情報」をクリックすると、「メニュー」が表示されるので、「セキュリティ」→「2段階認証」とクリックします。

二段階認証5

GMOコインでは、デフォルトの状態だとSMSで二段階認証を行うようになっています。

ここでは手間が簡単なスマホのアプリで二段階認証を行うように変更するので、「アプリへ変更」をクリックします。

二段階認証6

「アプリへ変更」をクリックすると、SMS認証が行われるので、それをクリアすると上記のように「QRコード」が表示されます。

あらかじめダウンロードしておいたスマホのアプリで、上記の「QRコード」をスキャンし、「二段階認証コード」を入力して、「認証する」をクリックします。

これでGMOコインの二段階認証の設定が完了です。

関連記事

GMO

GMOコインに口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順

2018年1月15日
スポンサーリンク



スポンサーリンク