「PayPay(ペイペイ)」を使ってみて感じたメリットとデメリット

ペイペイ
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、スマホ決済アプリである「PayPay(ペイペイ)」を実際に使ってみて感じたメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

スマホ決済アプリの「PayPay(ペイペイ)」とは?

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

「 PayPay(ペイペイ)」は、スマホひとつで買い物ができる決済用のアプリです。

ソフトバンクとヤフーが出資した合弁会社「PayPay株式会社」がサービスを提供しています。

お店のQRコードを読み込むか、スマホで提示したバーコードをお店で読み取ってもらうだけで、簡単に買い物の決済を行うことが可能となります。

「PayPay(ペイペイ)」の詳細については、こちらの記事をどうぞ。

ペイペイ

スマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」とは?使い方は?

2018年10月7日

「PayPay(ペイペイ)」を使ってみて感じたメリットは?

とにかくお得なキャンペーンが多い

「PayPay(ペイペイ)」を使ってみて一番感じるのが、とにかくお得なキャンペーンが多いことです。

ペイペイ2

「PayPay(ペイペイ)」では、2018年10月のサービス開始以来、ほぼ毎月のようにキャンペーンを行っています。

お得なキャンペーンを積極的に行うことによって、多くのユーザーを獲得したいという会社側の狙いがあるのかと思いますが、アプリを使う側からすると嬉しい限りです。

「PayPay(ペイペイ)」で毎月開催されているキャンペーン「ワクワクペイペイ」については、こちらの記事をどうぞ。

ワクワクペイペイ

【PayPay(ペイペイ)】毎月開催されるキャンペーン「ワクワクペイペイ」とは?

2019年5月17日

「PayPay(ペイペイ)」での買い物が楽しくなるキャンペーン「PayPayチャンス」については、こちらの記事をどうぞ。

PayPayチャンス

【PayPay(ペイペイ)】買い物が楽しくなるキャンペーン「PayPayチャンス」とは?

2019年5月21日

バーコード支払いがめちゃくちゃ楽で良い

「PayPay(ペイペイ)」を使ってみて、めちゃくちゃ楽で良いと感じたのが、バーコード支払いです。

ペイペイ3

アプリを開いてから、「支払う」をワンタップするだけで、支払い用のバーコードを提示することができるようになっています。

店員の方に「支払いはペイペイでお願いします」と言ってから、バーコードを提示して端末で読み取ってもらうだけなので、かなりスピーディーです。

個人的には「PayPay(ペイペイ)」のバーコード支払いに慣れてしまうと、買い物の際にいちいち現金のやり取りをするのは、かなり面倒に感じるようになりました。

今後はできるだけ早く、全ての小売店でスマホ決済アプリが使えるようになって欲しい感じです。

ATMから現金を引き出す必要がなくなる

「PayPay(ペイペイ)」では銀行口座から直接チャージするか、クレジットカードを登録することができるため、ATMから現金を引き出す必要がなくなります。

銀行口座から直接チャージするのも簡単ですが、クレジットカードを登録しておけばお金を移動させる手間自体がなくなります。

まあ、お金の使い過ぎに注意したい場合は、銀行口座から直接チャージするほうが良いかもしれません。

この点についても、慣れてしまうと、いちいちATMから現金を引き出す手間が面倒に感じるようになりました。

どのくらいの買い物をしているのかが明確になる

「PayPay(ペイペイ)」では、全ての買い物がきちんと記録されるため、どのくらいの買い物をしているのかが明確になります。

ペイペイ5

月にどのくらいの買い物をしてるのかなどもわかるようになっています。

今月はお金を使い過ぎたから、ちょっと節約しよう・・・などと、簡単に自己分析ができるようになります。

「PayPay(ペイペイ)」を使ってみて感じたデメリットは?

QRコードの読み込みはやや面倒

一部の電気量販店では「PayPay(ペイペイ)」を使って買い物をしようとすると、QRコードを読み込んで決済を行うように促されます。

ペイペイ6

QRコードを読み込んで決済を行う場合は、

  • 「スキャン」をタップする。
  • QRコードを読み込む。
  • 支払う金額を入力する。

と3段階のステップが必要になります。

やってみて思ったのが、バーコード支払いに比べると、やや面倒な感じです。

さらには支払い金額を間違って入力してしまう可能性も考えると、バーコード支払いの方が断然良いかと思います。

バーコードを読み取る機器が用意されてない屋台などでは仕方がない感じですが・・・

まだまだ「PayPay(ペイペイ)」が使えないお店もある

「PayPay(ペイペイ)」については、コンビニやドラッグストアなど、数多くのチェーン店で使えるようになってきた印象です。

しかし、まだまだ使えないお店があるのも事実です。

「PayPay(ペイペイ)」を使い慣れると、ATMから現金を引き出したり、買い物の際に現金をやり取りするのが面倒に感じてくるのはすでに述べた通りです。

できるだけ早く、全ての小売店でスマホ決済アプリが使えるようになって欲しい感じです。

まとめ

この記事では、スマホ決済アプリである「PayPay(ペイペイ)」を実際に使ってみた感じたメリットとデメリットについて詳しく紹介してみました。

メリットとデメリットについて紹介しましたが、結論としては「PayPay(ペイペイ)」は使った方がかなりお得だと思います。

キャンペーンを積極的に行ってくれるため、金銭的にもお得ですし、ATMから現金を引き出したり、買い物の際に現金をやり取りする面倒な手間がなくなります。

「PayPay(ペイペイ)」を使ってみようかと迷っている人がいたら、ぜひ試しに使ってみることをおすすめします。

関連記事

PayPayチャンス

【PayPay(ペイペイ)】買い物が楽しくなるキャンペーン「PayPayチャンス」とは?

2019年5月21日
ワクワクペイペイ

【PayPay(ペイペイ)】毎月開催されるキャンペーン「ワクワクペイペイ」とは?

2019年5月17日
ペイペイ

スマホ決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」とは?使い方は?

2018年10月7日

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク