GMOコインに口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順

GMO
スポンサーリンク



スポンサーリンク



仮想通貨の販売所であるGMOコインに口座開設するために、新規アカウント登録を行い、本人確認を行ってみたので、その手順を記録しておきます。

これからGMOコインを利用しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

GMOコインに口座を開設する前に用意しておくものは?

GMOコインに口座開設するには、

  • 登録のためのメールアドレス(GmailやYahoo!メールなどのフリーメールで大丈夫です)
  • 本人確認に必要な公的機関が発行した本人確認書類(後述しますが、GMOコインでは本人確認書類の表面と裏面の画像が必要になります。あらかじめスマホなどで、本人確認書類の表面と裏面を撮影して用意しておくといいでしょう)

が必要になります。

パスワードも必要になるので、あらかじめどんなパスワードを使うのか考えておくと良いでしょう。

GMOコインに口座を開設する手順

まずは、GMOコインの公式ホームページへアクセスします。

GMO2

GMOコイン

GMOコインの公式サイトへアクセスしたら、画面中央の「無料口座開設」をクリックします。

GMO3

GMOコインの口座開設は、メールアドレス、Facebook、Googleのいづれかで行うことができます。

この記事では、あらかじめ用意しておいたメールアドレスで口座開設を行ってみます。

メールアドレス欄に用意しておいた「メールアドレス」を入力し、「私はロボットではありません」のところにチェックを入れ、「無料口座開設」をクリックします。

GMO5

「無料口座開設」をクリックすると、確認のメールがGMOコインから届くはずなので、メールアドレスを確認してください。

GMOコインから「登録メールアドレスのご確認」というメールが届いているのを確認したら、メールの記載通りに「リンク」をクリックします。

GMO6

メールの「リンク」をクリックすると、「パスワードの設定」画面が表示されます。

「あらかじめ考えておいたパスワード」を入力して、「設定する」をクリックします。

GMO7

「設定する」をクリックすると、「パスワードの設定が完了しました」と表示されるので、「ログイン画面へ」をクリックします。

GMO8

「ログイン」画面が表示されるので、「登録したメールアドレス」と「設定したパスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

GMO9

「ログイン」すると、上記のようなメニューが表示されるので、「口座を開設する」をクリックします。(この時点ではまだ仮口座が開設された段階です)

GMO10

「口座を開設する」をクリックすると、「口座開設申込」画面が表示されます。

この画面で「個人情報の登録」を行います。

GMO11

全ての「個人情報の登録」を行ったら、一番下にある「確認画面へ」をクリックします。

GMO12

登録した個人情報に間違いがないか確認したら、一番下にある「確定」をクリックします。

GMO14

「確定」をクリックすると、「本人確認方法の選択」画面が表示されます。

この記事では、簡単にできる「本人確認書類のアップロード」を選択してみます。

GMO15

「本人確認書類のアップロード」画面が表示されます。

GMOコインでは、

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

などの7つが本人確認書類として使えるようになっています。

GMO16

上記の7つの本人確認書類の内からどれかを選び、スマホなどで撮影した本人確認書類の表面と裏面の画像を選択します。

GMO17

「アップロードする本人確認書類の画像」を選択したら、「画像と日時を確定する」をクリックします。

GMO18

これでGMOコインに口座開設する手順は完了です。

GMO19

後はGMOコインの口座開通審査が終了し、送付される口座開設コードを入力すれば、正式な口座開設が完了します。

関連記事

【GMOコイン】二段階認証の設定方法

【初心者向け】仮想通貨が学べるおすすめの本6選

DMMBitcoin(ディーエムエムビットコイン)に口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順

bitflyer(ビットフライヤー)に口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順

coincheck(コインチェック)に口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順

Zaif(ザイフ)に口座開設(ユーザー登録&本人確認)する手順

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク