【iPhone】「非使用のAppを取り除く」機能を設定して空き容量を増やす方法

取り除く
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、iPhoneの「非使用のAppを取り除く」機能を設定して、ストレージの空き容量を増やす方法を解説します。

 

「非使用のAppを取り除く」機能とは?

「非使用のAppを取り除く」機能とは、ある程度長い期間使っていないアプリを自動的に削除してくれる機能です。

ある程度長い期間使われていないアプリを自動的に削除することで、iPhoneのストレージの空き容量を増やすことができるようになっています。

自動的に削除されたアプリについては、「書類とデータ」が保持されたままの状態で削除されます。

そのため、後から自動的に削除したアプリを使いたい場合は、アプリを再インストールすれば、元の状態を復元できるようになっています。

すでに飽きてしまい自動的に削除されたゲームアプリを久しぶりにプレイしようかな・・・などという場合は、アプリを再インストールすれば、以前プレイしていた状態から遊ぶことができるようになります。

 

「非使用のAppを取り除く」機能の設定方法

「非使用のAppを取り除く」機能を設定するには、

 

取り除く2

 

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

 

取り除く3

 

設定画面が表示されるので、iTunes StoreとApp Storeをタップします。

 

取り除く5

 

iTunes StoreとApp Storeの設定画面が表示されます。

この画面の非使用のAppを取り除くをオンにすれば、「非使用のAppを取り除く」機能が設定され、ある程度長い期間使っていないアプリを削除してくれるようになります。

ちなみに、「非使用のAppを取り除く」機能の設定をオンにするだけならば、

 

取り除く6

 

再度iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

 

取り除く7

 

設定画面が表示されるので、一般をタップします。

 

取り除く8

 

一般画面が表示されるので、iPhoneストレージをタップします。

 

取り除く9

 

iPhoneストレージの画面が表示されます。

非使用のAppを取り除くの項目にある使用をタップすれば、「非使用のAppを取り除く」機能の設定がオンになります。

 

アプリごとに取り除くこともできる

ある程度長い期間使われていないアプリを自動的に削除するだけではなく、アプリごとに手動で取り除く(「書類とデータ」が保持されたままの状態でアプリを削除)こともできます。

アプリごとに手動で取り除くには、

 

取り除く10

 

iPhoneのホーム画面を開き、設定をタップします。

 

取り除く11

 

設定画面が表示されるので、一般をタップします。

 

取り除く12

 

一般画面が表示されるので、iPhoneストレージをタップします。

 

取り除く14

 

iPhoneストレージの画面が表示されるので、画面を下にスクロールします。

 

取り除く15

 

画面を下にスクロールすると、iPhoneにインストールしてあるアプリの一覧が表示されています。

ここで、取り除きたいアプリをタップします。

 

取り除く16

 

Appを取り除くをタップすると、そのアプリが取り除かれます。

 

取り除いたアプリは簡単に再インストールできる

取り除いたアプリのアイコンは、そのままiPhoneのホーム画面に表示されたままの状態になります。(アプリ名の左側に雲のアイコンが小さく表示されるようになります)

 

取り除く17

 

取り除いたアプリの再インストールは簡単にできるようになっています。

取り除いたアプリのアイコンをタップするだけで、再インストールされるようになっています。(アプリの容量が100MBを超える大きなものだと、Wi-Fi回線に接続していないと再インストールできないので注意してください)

 

取り除く18

 

取り除いたアプリを再インストールすると、「書類とデータ」は残っているので、きちんと取り除いた時点の状態に戻ります。

 

「非使用のAppを取り除く」機能を使う際の注意点

iPhoneの「非使用のAppを取り除く」機能は、ストレージの空き容量を増やすのに非常に便利な機能です。

取り除いたアプリを簡単に再インストールすることもできます。

しかし、ここで注意したいのがApp Storeで公開が終了してしまったアプリは、当然ながら再インストールすることができなくなる点です。

アプリなどを取り除く際には、アプリのサービスが終了してしまった場合、再インストールができない可能性がある点を考慮して使うようにしてください。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク