【iPhone】「このアイテムは150MBを超えています」と表示された場合の対処法

対処法
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、iPhoneでアプリをダウンロードしようとした際に、「このアイテムは150MBを超えています」と表示された場合の対処法について解説します。

 

どんな場合に「このアイテムは150MBを超えています」と表示されるのか?

 

対処法2

 

iPhoneではモバイルデータ通信量の使用過多を防ぐために、Wi-Fi回線を使わずに150MB以上のアプリをダウンロードしようとすると、「このアイテムは150MBを超えています」と表示されるようになっています。

 

対処法3

 

「OK」をタップしても、アプリのダウンロードがなかなか進まないようになっています。

 

近くの無料Wi-Fiを利用してアプリをダウンロードする

外出先で「このアイテムは150MBを超えています」と表示されてしまった場合は、近くで無料で使えるWi-Fiスポットを探してみましょう。

最近ではコンビニやカフェチェーンなど、無料で使えるWi-Fiスポットがかなり増えています。

コンビニでは、

セブンイレブン(セブンスポット)

ローソン(LAWSON Free Wi-Fi)

ファミリーマート(ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続)

ミニストップ(FreeWi-Fi/ソフトバンクWi-Fi)

カフェチェーンでは、

スターバックス(at_STARBUCKS_Wi2)

ドトールコーヒー(Wi2 Premium)

タリーズコーヒー(Tully’s Wi-Fi)

PRONTO(PRONTO FREE Wi-Fi)

銀座ルノアール(Renoir Miyama Wi-Fi)

などで無料のWi-Fiを利用することができます。

また、コンビニやカフェチェーン以外にも、

NTTドコモ(docomo Wi-Fi)

au(au Wi-Fi SPOT)

ソフトバンク(ソフトバンクWi-Fiスポット)

といった、携帯電話のキャリアが提供している無料Wi-Fiもおすすめです。

これらの無料Wi-Fiはタダで使えるので、どんどん活用すべきです。

ただし、全ての無料Wi-Fiが高速でネットに繋がるのか・・・という懸念点もあります。

サイズの大きいアプリをダウンロードする際に、かなりの時間がかかってしまう可能性がある点については注意してください。

 

自宅のWi-Fiを使ってアプリをダウンロードする

近くに無料のWi-Fiスポットがない場合は、自宅に帰ってから自宅のWi-Fi回線を使い、アプリをダウンロードしてみてください。

自宅であれば、かなりサイズの大きいアプリをダウンロードする際にも特に時間を気にする必要がありません。

サイズの大きいアプリをダウンロードする場合は、あらかじめ自宅のWi-Fi回線を使ってダウンロードするようにしておいたほうが無難ですね。

 

関連記事

【iPhone】Wi-Fi接続を使わずに150MB以上のアプリをダウンロードする方法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク