軽くて快適なTwitter Liteの使い方

ツイッターライト1
スポンサーリンク



スポンサーリンク



Twitter Lite(ツイッターライト)の登場により、スマホのTwitterが今までよりも軽くて快適に使えるようになりました。

Twitter Liteを利用すれば、データ使用量が少なくなり、素早く読み込みを行ってくれます。

また、データセーブと呼ばれる機能を使うことで、データ使用量を大幅に抑えられるようにななりました。

この記事では、そんな軽くて快適なTwitter Liteの使い方と設定方法について解説します。

 

Twitter Liteとは?

Twitter Liteは、スマホにアプリをインストールして使うわけではありません。

Twitter Liteは、Googleの提供するプログレッシブWebアプリ(PWA)を活用したサービスです。

スマホのブラウザから、以下のURLにアクセスしてアプリのように使うことができます。

https://mobile.twitter.com

ブラウザから検索してアクセスした場合に、Twitterアプリが立ち上がってしまう場合は、ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力してみてください。

Twitterの軽量版というイメージですが、Twitterの基本的な機能であるツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知などはきちんと使えるようになっています。

 

Twitter Liteを使うメリットは?

Twitter Liteはデータ使用量が少なく、今までのTwitterより読み込みスピードが最大30%速くなります。

実際に使ってみた感想としては、かなり軽くて快適に使えます。

検索機能を使ってみても、サクサク軽快に表示され、非常に使いやすいです。

特に通信量に問題のない大容量プランを使っている人でも、サクサク快適に使いたい人にはおすすめです。

 

データセーブとは?

Twitter Liteには、データセーブと呼ばれる機能がついています。

データセーブ機能を使うには、自分のアイコンをタップして、データセーブの項目をオンにするだけです。

 

ツイッターライト2

 

この機能を使うと、画像や動画はユーザーが必要な物だけをタップしてダウンロードできるようになります。

不要なダウンロードがなくなり、さらにデータ使用量を抑えることができるようになるわけです。

Twitter Liteでは平均して40%のデータ通信量を削減できますが、このデータセーブ機能を使えば、なんと最大70%の通信量削減が可能とのこと。

軽快に使えて、データ通信量を最大70%も減らせるとは、かなり便利ですね。

 

ホーム画面に追加してアプリのように使うこともできる

スマホのホーム画面に、Twitter Liteのショートカットを追加すれば、アプリのように簡単に開くことができるようになります。

スマホのブラウザにGoogle Chrome(グーグルクローム)を使っている場合は、ブラウザのメニューを表示させてください。

 

ツイッターライト3

 

ホーム画面に追加をタップすると、スマホのホーム画面にTwitter Liteのショートカットが追加されます。

 

ツイッターライト5

 

Twitter Liteのショートカットから使えば、起動時間が30%ほど短縮されるとのことです。

実際にTwitterアプリと起動時間を比べてみると、かなり早く感じます。

 

どんなブラウザに対応しているのか?

Twitter Liteは、Googleの提供するプログレッシブWebアプリ(PWA)を活用したサービスだと説明しました。

多くの人が、Googleの提供しているサービスならブラウザはGoogle Chromeを使ったほうがいいんだろうか?と疑問に思うかもしれません。

Google Chrome以外のブラウザでも大丈夫です。

Twitter社では、Twitter LiteがGoogle Chrome以外に、Firefox、Safari、Android Browser、Microsoft Edge、Operaに対応していることを案内しています。

 

Twitter Liteにもデメリットはある?

軽快に使える上に、データ通信料を抑えることができる便利なTwitter Liteですが、欠点もあります。

モーメントキーワードのミュートなど、一部の機能は使えなくなっています。

Twitterの機能をフルに使いたい!!という人には、ちょっと物足りないかもしれません。

 

Twitter Liteはどんな人におすすめ?

Twitter Liteについては、

  • 長所は、軽快にサクサク使える、データ使用量を抑えることができる
  • 短所は、一部の機能が制限される

と長所と短所の両面があります。

上記の2点を考慮すると、Twitter Liteは、機能はそこそこ使えればいいライトユーザーで、Twitterを軽快に使い、データ通信量を節約したい人におすすめとなります。

普段はTwitter Liteを使い、モーメントやキーワードのミュートなど制限されている機能を使いたいときだけ、Twitterアプリを併用する使い方もできるかと思います。

 

関連記事

【Twitter(ツイッター)】アプリのデータ通信量を減らす「動きを減らす」機能とは?

スポンサーリンク



スポンサーリンク