【DMMBitcoin(ディーエムエムビットコイン)】二段階認証の設定方法

DMMの二段階認証
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、仮想通貨の取引所であるDMMBitcoin(ディーエムエムビットコイン)でセキュリティを向上させるために、二段階認証を設定する方法を紹介します。

 

仮想通貨の取引所で使われる二段階認証とは?

仮想通貨の取引所で使われる二段階認証とは、通常のログイン確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

仮想通貨の取引所では、ログインの際にはメールアドレスとパスワードでログイン確認を行います。

さらにスマホの二段階認証を行うためのアプリでセキュリティコードを発行し、二段階で確認するやり方が一般的です。

セキュリティ面を考慮すると、余程の理由がない限り、二段階認証の設定をしておくことをおすすめします。

2018年1月26日には、日本国内でも大手の仮想通貨の取引所であるcoincheck(コインチェック)で不正アクセスがあり、約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流失する事件が起こっています。

coincheck(コインチェック)で起こった不正アクセスによる約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が流失された事件については、こちらの記事を読んでみてください。

【コインチェックの仮想通貨流失問題】個人投資家への補償はどうなるのか?

万が一に備えて、二段階認証はやっておきましょう。

 

まずはスマホに二段階認証を行うためのアプリをダウンロードしておく

まずは、スマホに二段階認証のためのアプリをダウンロードします。

iPhoneユーザーは「Google Authenticator」、Androidユーザーは「Google 認証システム」をダウンロードします。

名称は異なりますが、両方ともGoogle社が提供している二段階認証用のアプリです。

Google Authenticator(iOS向け)

Google 認証システム(Android向け)

他にも二段階認証用のアプリはありますが、Google社が提供しているアプリは信頼性が高く、使いやすい点でおすすめです。

 

DMMBitcoinで二段階認証を設定する

まずはDMMBitcoinのマイページへアクセスします。

 

DMMの二段階認証2

 

マイページへアクセスしたら、画面を下にスクロールします。

 

DMMの二段階認証3

 

画面を下にスクロールしたら、各種設定をクリックします。

 

DMMの二段階認証5

 

各種設定をクリックすると、上記のようにメニューが表示されるので、2段階認証設定をクリックします。

 

DMMの二段階認証6

 

2段階認証の画面が表示されます。

この記事では、比較的簡単なアプリ認証で二段階認証を行ってみます。

アプリ認証をクリックすると、画面が自動的に下へスクロールされます。

 

DMMの二段階認証7

 

画面が自動的に下へスクロールされ、アプリ使用方法というところで認証アプリを使って2次元バーコードをスキャンします。

認証アプリで2次元バーコードをスキャンし、認証アプリに表示された6桁の数字を入力し、認証するをクリックします。

認証するをクリックすると、DMMBitcoinの二段階認証が完了です。

 

関連記事

DMMBitcoin(ディーエムエムビットコイン)に口座開設(新規アカウント登録&本人確認)する手順

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク