スマホを懐中電灯(ライト)代わりに使う方法

懐中電灯
スポンサーリンク



スポンサーリンク



スマホには、数多くの懐中電灯(ライト)系のアプリがあります。

しかし、そういったアプリを使わなくてもiPhoneやAndroidスマホには標準で懐中電灯(ライト)の機能がついています。

この記事では、iPhoneやAndroidスマホに標準で搭載されている懐中電灯(ライト)の機能について詳しく紹介します。

iPhoneの懐中電灯(ライト)機能の使い方

iPhoneの懐中電灯(ライト)機能を使うには、

懐中電灯2

iPhoneの「ホーム」画面を下から上にスワイプします。

懐中電灯3

iPhoneの「ホーム」画面を下から上にスワイプすると、「コントロールセンター」が表示されます。

「コントロールセンター」の左下にある「懐中電灯のアイコン」をタップしてください。

懐中電灯5

「懐中電灯のアイコン」をタップすると、iPhone本体背面のLEDライトが点灯します。

逆に、iPhoneの懐中電灯(ライト)機能を終了したい場合には、

懐中電灯6

「懐中電灯のアイコン」を再度タップすると、LEDライトが消えます。

iPhoneの懐中電灯(ライト)機能は明るさを調節できる

iPhoneの懐中電灯(ライト)機能は、明るさを調節することができます。

懐中電灯7

「懐中電灯のアイコン」を強くタップします。(LEDライトが点灯している状態でも、消えている状態でもどちらでも大丈夫です)

懐中電灯8

「懐中電灯のアイコン」を強くタップすると、LEDライトの明るさを調整できる画面が表示されます。

ライトの部分をタップすることにより、明るさを3段階で調整することができます。

上記の画面がデフォルトの状態で、LEDライトが最も明るい状態です。

懐中電灯9

上記の画面が、一段階明るさを落とした状態です。

ややLEDライトの明るさが抑えられます。

懐中電灯10

上記の画面が、二段階明るさを落とした状態です。

さらにLEDライトの明るさが抑えられます。

ただし、iPhoneのLEDライトはかなり明るいので、一番明るさを抑えた状態でも結構な明るさです。

懐中電灯11

ちなみに、「コントロールセンター」へ戻るには画面上部の「懐中電灯のアイコン」をタップしてください。

Androidスマホの懐中電灯(ライト)機能の使い方

Androidスマホの懐中電灯(ライト)機能を使うには、

懐中電灯12

Androidスマホの「ホーム」画面を上から下に2回ほどスワイプします。

懐中電灯14

Androidスマホの「ホーム」画面を上から下に2回ほどスワイプすると、「クイック設定ツール」が表示されます。

「クイック設定ツール」が表示されたら、「ライトアイコン」をタップします。

懐中電灯15

「ライトアイコン」をタップすると、Androidスマホ本体背面のLEDライトが点灯します。

逆に、Androidスマホの懐中電灯(ライト)機能を終了したい場合には、「ライトアイコン」を再度タップすると、LEDライトが消えます。

Androidスマホの懐中電灯(ライト)機能は明るさを調節できない

残念ながら、Androidスマホの懐中電灯(ライト)機能は、明るさを調整することができません。

ただし、Androidスマホの懐中電灯(ライト)機能の明るさは、充分なレベルです。

停電など緊急の場合に、懐中電灯の代わりに使う分には大丈夫かと思います。

ちなみにiPhoneの懐中電灯(ライト)機能のデフォルトの状態から比べると、やや明るさが抑えられたくらいの感じです。

まとめ

この記事では、iPhoneやAndroidスマホに標準でついている懐中電灯(ライト)の機能がついてまとめてみました。

iPhoneにしても、Androidスマホにしても、わざわざアプリなどをダウンロードしなくても標準の機能で十分な感じです。

停電などの緊急時には、ぜひスマホに標準でついている懐中電灯(ライト)の機能を活用してみてください。

スポンサーリンク



スポンサーリンク