ガラケーが使えなくなる前にやるべきことは?

やるべきこと
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、ガラケーを利用しているユーザー向けに、ガラケーが使えなくなる前にやるべきことは?について詳しく解説します。

そもそもガラケーとは?

やるべきこと2

ガラケーが使えなくなる前にやるべきことを確認する前に、ガラケーとはどんな携帯電話を定義するのかを明確にしておきましょう。

ガラケーはいわゆる「ガラパゴスケータイ」の略で、3G回線に対応した携帯電話を意味します。

3G回線に対応した携帯電話という部分が重要で、より高速な4Gや5Gに対応したガラケーはありません。

3G回線のサービス終了と共にガラケーが使えなくなる

やるべきこと3

ガラケーは3G回線に対応したものしかないため、残念ながら3G回線のサービス終了とともに使えなくなります。

ちなみに各携帯電話会社は、3G回線のサービスをいつ終了するのかについて明言しています。

具体的にガラケーが使えなくなる時期は?

やるべきこと5

ガラケーが使えなくなる時期(3G回線のサービスが終了する時期)については、各携帯電話会社によって異なります。

ここでは、各携帯電話ごとにガラケーが使えなくなる時期をまとめてみます。

NTTドコモでガラケーが使えなく時期

NTTドコモの公式サイトには、

NTTドコモは、2026年3月31日をもって、「iモード」および「FOMA」のサービスを終了します。

引用 NTTドコモの公式サイトより

と明記されています。

「FOMA」は、NTTドコモが提供している3G回線のサービスであり、「iモード」はその3G回線を利用してインターネットに接続できるサービスです。

NTTドコモが「iモード」および「FOMA」のサービスを終了するということは、事実上NTTドコモが提供する3G回線のサービスが終了するということになります。

このため、NTTドコモでガラケーが使えなくなる時期は、2026年3月31日となります。

ソフトバンクでガラケーが使えなくなる時期

ソフトバンクの公式サイトには、

2019年12月3日以降順次、対象の3Gケータイは一部機能がご利用いただけなくなります。

引用 ソフトバンクの公式サイトより

と明記されています。

2019年12月3日以降、順次使えなくなっていく一部機能については、

  • 位置測位(GPS)
  • https~(SSL通信利用)から始まるWEBページ利用
  • S!メール(MMS)の送受信
  • テレビ(ワンセグ)の視聴
  • カメラの起動
  • 時計の自動調整
  • ブラウザの起動

などが記載されています。

はっきり言って、インターネットもメールも使えなくなると、いくらガラケーといえども使い物になりませんね。

ソフトバンクについては、ガラケーが使えなくなる時期は、2019年12月3日と考えていいでしょう。

2019年12月3日以降、一部の機能が順次使えなくなるという書き方なので、まだまだ大丈夫という方もいるかもしれませんが、いつインターネットやメールなどが使えなくなるかわからないサービスをわざわざ使う必要があるでしょうか?

auでガラケーが使えなくなる時期

auの公式サイトには、

auの3Gサービス終了に伴い、3Gケータイはご利用いただけなくなります。

auの3Gサービスは2022年3月末をもって終了します。

引用 auの公式サイトより

と明記されています。

auの公式サイトの文章はシンプルで分かりやすいですね。

auでガラケーが使えなくなる時期は、2022年3月31日となります。

ガラケーが使えなくなる前にやるべきことは?

やるべきこと6

できるだけ早くスマートフォンに機種変更すべき

各携帯会社でガラケーが使えなくなる時期については、

  • NTTドコモが2026年3月31日
  • ソフトバンクが2019年12月3日(注 上記のソフトバンクでガラケーが使えなくなる時期を参照)
  • auが2022年3月31日

となっています。

ガラケーはもはや、終了まであとわずかといったサービスとなってしまいました。

使い慣れたガラケーを使い続けたい、新しいスマートフォンの使い方を覚えるのが面倒・・・といった意見もあるかと思いますが、終了が近づいているサービスを使い続けるよりも、新しいスマートフォンに機種変更すべきです。

ガラケーを使い続ける=損をしている?

スマートフォンについてはこれまでも、

  • ガラケーに比べて、とても便利である。
  • ガラケーよりはるかに多機能・高機能である。
  • ガラケーにはない、ゲームや動画、SNSなどが楽しめる。

といった利点が訴求されてきました。

さらに加えて、最近では、企業の運営するアプリやスマホ用の決済アプリがかなり充実してきました。

よく利用する企業のアプリを使えば、お得なクーポン券や無料券が貰えたり、スマホ用の決済アプリを使えば、購入金額の一部が還元されるようになっています。

特にスマホ用の決済アプリの競争は激しく、期間中は購入金額の20%が還元されるなど、超お得なキャンペーンがたびたび開催されています。

もはやスマートフォンを使っていないと、経済的に損をしていると言っても過言ではありません。

ガラケーよりも便利な上に、経済的にもお得なわけですから、余程の理由がない限り、スマートフォンに機種変更すべきですね。

まとめ

やるべきこと7

この記事では、ガラケーを利用しているユーザー向けに、ガラケーが使えなくなる前にやるべきことは?について詳しく解説してみました。

結論から言えば、ガラケーが使えなくなる前に、できるだけ早くスマートフォンへ機種変更すべきです。

使い慣れたガラケーを使い続けたい、新しいスマートフォンの使い方を覚えるのが面倒・・・といった意見も分かりますが、もはや大きな経済的メリットのあるスマートフォンを使わない手はありません。

面倒だと考えずに、すぐにスマートフォンへ機種変更しましょう。

なお、スマートフォンへの機種変更については、長時間待たされる心配のない公式オンラインショップを利用すると便利です。

関連記事

ガラケー

ガラケーはいつまで使えるのか?

2019年11月3日

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク