iPhoneがWi-Fiに繋がらない場合の対処法

繋がらない
スポンサーリンク



スポンサーリンク



最近では多くの人が、自宅で無線LANルーターを利用しています。

データ通信料を気にせず、iPhoneでインターネットを楽しめるのはやはり快適ですね。

しかしながら、何らかの不具合などで、いきなりWi-Fiが繋がらなくなる場合もあります。

この記事では、iPhoneが自宅のWi-Fiに繋がらなくなった場合の対処法を解説します。

 

まずはiPhoneと無線LANルーターのどちらに問題があるのかを確認する

iPhoneが自宅のWi-Fiに繋がらくなった場合、

  • iPhoneに問題があって、Wi-Fiに繋がらない。
  • 無線LANルーターに問題があって、Wi-Fiに繋がらない。

の2つのパターンが考えられます。

まずはiPhoneと無線LANルーターのどちらに問題があるのかを確認すべきです。

同居している家族がいる場合は、家族のスマホがWi-Fiに繋がるか確認してみてください。

一人暮らしの場合は、パソコンがWi-Fiに繋がるか確認してみてください。(一人暮らしでパソコンを持っていない、スマホは一台しか所持していない場合は確認の仕様がありません。こういった場合は、後述するiPhoneと無線LANルーターの対策を両方行うようにしてみてください)

家族のスマホやパソコンなどがきちんとWi-Fiに繋がる場合は、あなたのiPhoneに問題があることになります。

家族のスマホやパソコンなどもWi-Fiに繋がらない場合は、自宅の無線LANルーターに問題があることになります。

 

iPhoneに問題がある場合の対処法

ここでは、iPhoneに問題がある場合の対処法について解説します。

iPhoneのWi-Fi機能を確認する

iPhoneに問題がある場合、一番最初に確認すべきはWi-Fi機能です。

初歩的なことですが、Wi-Fiがオフになっている可能性があります。

iPhoneのWi-Fi機能を確認するには、

 

繋がらない2

 

iPhoneのホーム画面を開き、画面を下から上にスワイプします。

 

繋がらない3

 

コントロールセンターが表示されるので、Wi-Fiがオンになっているか確認してください。

Wi-Fiがオフになっていた・・・という場合は、Wi-Fiのアイコンをタップして、Wi-Fiをオンの状態にしてみてください。

念のため、Wi-Fiを繋ぎ直す

Wi-Fiがきちんとオンの状態だった場合でも、念のためWi-Fiのオンオフを行い、Wi-Fiを繋ぎ直してみてください。

具体的には、Wi-Fiをオフにして、10秒程度待ってからオンにしてみてください。

Wi-Fiを繋ぎ直すことで、不具合が解消され、Wi-Fiが繋がるようになる可能性があります。

iPhoneが機内モードになっていないか確認する

Wi-Fi機能を確認し、Wi-Fiを繋ぎ直しても不具合が解消されない場合は、iPhoneが機内モードになっていないかも確認しておくべきです。(iPhoneが機内モードになっている場合、Wi-Fiだけでなく、電話やパケット通信も繋がらなくなります)

Wi-Fi機能と同様に、気がつかないうちに間違ってスマホを機内モードにしてしまっている可能性もあります。

iPhoneが機内モードになっていないか確認するには、

 

繋がらない5

 

iPhoneのホーム画面を開き、画面を下から上にスワイプします。

 

繋がらない6

 

コントロールセンターが表示されるので、機内モードになっていないか確認してください。

iPhoneが機内モードになっていた・・・という場合は、機内モード(飛行機のアイコン)をタップして、機内モードを解除してください。

iPhoneを再起動する

Wi-Fiもきちんとオンになっているし、機内モードになっているわけでもない・・・通信設定に問題がなければ、iPhoneに不具合が生じている可能性があります。

この場合は、iPhoneの再起動を行ってみてください。

iPhoneの再起動にはメンテナンス効果があり、ちょっとした不具合程度なら解消される可能性があります。

iPhoneの再起動を行うには、電源ボタン(サイドボタン)をスライダが表示されるまで押し続けます。

 

繋がらない7

 

スライダが表示されたら、スライダを右にドラッグしてください。

自動的にiPhoneの電源が切れます。

iPhoneの電源が完全に切れたのを確認してから、再度電源ボタン(サイドボタン)をApple ロゴが表示されるまで押し続けます。

これでiPhoneの再起動が完了です。

 

無線LANルーターに問題がある場合の対処法

ここでは、自宅にある無線LANルーター(無線LAN親機やWi-Fiルーターなど様々な呼び方がありますが、Wi-Fiの電波をインターネットにつなぐための機器)に問題がある場合の対処法を解説します。

無線LANルーターを再起動する

無線LANルーターの不具合は、再起動することで不具合が解消する可能性が高いので、まずは再起動を試してみてください。

無線LANルーターを再起動する具体的な方法ですが、家庭用の無線LANルーターの多くは電源が付いていないので、コンセントからプラグを抜きます。(電源が付いているものに関しては、電源のオンオフを行ってください)

1分程度待ってから、再度プラグをコンセントに差します。

その後、通信状態が安定するまで1~5分程度待ってください。

これで無線LANルーターを再起動が完了です。

無線LANルーターを初期化する

無線LANルーターの再起動でも不具合が解消されない場合は、無線LANルーターの初期化を試してみてください。

初期化すると聞くと難しそうなイメージですが、パソコンやスマホの初期化と違い、無線LANルーターの初期化は簡単なので安心してください。

無線LANルーターを初期化する具体的な方法ですが、ペンなど先が尖ったもので、無線LANルーターの初期化ボタンを10秒程度長押しします。

無線LANルーターのどこに初期化ボタンが付いているのか、どのボタンが初期化ボタンなのかについては機種によって異なるので、使っている無線LANルーターの取扱説明書で確認してください。

一部の無線LANルーターは、初期化した後に再起動が必要になるものもあるので、取扱説明書でその点についても確認しておいてください。

無線LANルーターを初期化した後、電源ランプが消えたままの状態で反応がない場合は、無線LANルーターを再起動してみてください。

 

契約しているプロバイダや回線で障害が起こっていないか?

すでに述べてきた改善点を試してみてもWi-Fiが繋がらない・・・という場合は、iPhoneや無線LANルーターの他に問題がある可能性があります。

例えば、契約しているプロバイダや回線に障害が起こり、インターネットに接続できない状態など。

どうしてもWi-Fiが繋がらない場合は、iPhoneのパケット通信を使って、プロバイダや回線業者の公式ホームページへアクセスし、障害などが起きていないかチェックしてみてください。

プロバイダや回線で障害が発生していた場合は、障害が収まるまで待つしかありません。

 

契約しているプロバイダや回線業者への支払いを忘れていないか?

基本的なことですが、どうやってもWi-Fiに繋がらない場合は、契約しているプロバイダや回線業者への支払いが滞っていないか確認してみましょう。

特に注意したいのが、コンビニで毎月支払うタイプです。

クレジットカードや銀行の口座から自動的に引き落とされるタイプと違って、支払いをうっかり忘れてしまう可能性があります。

 

一時的に改善しても、すぐにまたWi-Fiが繋がらなくなってしまう場合は?

一時的にWi-Fiが繋がるようになっても、すぐにまたWi-Fiが繋がらなくなってしまう。

こういった場合は一時的な不具合ではなく、iPhoneや無線LANルーターが故障している可能性があります。

iPhoneならAppleのサポート、無線LANルーターなら購入した販売店や製造メーカーのサポートなどに相談してみてください。

 

どうやってもWi-Fiが繋がらない場合は?

スマホがWi-Fiに繋がらない場合の改善点を述べてきましたが、どうやってもWi-Fiが繋がらない場合は、プロバイダを替えてみることをおすすめします。

プロバイダによっては、回線が混雑する夜間にはWi-Fiが繋がらない、繋がりにくいという場合があります。

せっかくプロバイダ料金を払っているのに、時間帯によってWi-Fiが繋がらない、繋がりにくい場合は、すぐにプロバイダを替えるべきです。

プロバイダを替える場合は、面倒な配線工事が必要なく、高速通信がすぐに利用できるWiMAXがおすすめです。

 

WiMAXのプロバイダ選びのポイント

いざWiMAXに契約しようと思っても、プロバイダはどこがいいのかハッキリ分からないですよね。

そもそも回線を提供しているUQ WiMAXと直接契約をすれば、プロバイダと契約しなくてもWiMAXを利用することができます。

しかしWiMAXの場合は、プロバイダと契約をした方が料金が大幅に安くなるというメリットがあります。

WiMAXのプロバイダは20社以上あるので、キャンペーン特典や料金が違いなどを確認して、できるだけ料金が安いプロバイダと契約するのがおすすめです。

WiMAXでプロバイダと契約するデメリットは?

基本的にWiMAXでプロバイダと契約するデメリットはありません。

全てのプロバイダはUQ WiMAXの回線を利用するので、通信速度、速度制限のルール、通信エリアなどは全て同じです。

申込みや解約手続きなどもプロバイダ1社のみで完結できます。

なぜプロバイダと契約したほうが料金が安いのか?
WiMAXの回線提供者である「UQコミュニケーションズ」は、プロバイダを経由したほうがお得にすることで、プロバイダ各社にWiMAXのサービスを販売させて拡大している背景があります。

プロバイダはトータルの料金で選ぶべき

できるだけ料金が安いプロバイダと契約するのがおすすめであることはすでに述べた通りですが、料金については3年間のトータルで考えるべきです。(ほとんどのプロバイダが3年契約となっているため)

なぜなら、プロバイダと契約すればキャッシュバック(契約後に現金がもらえる)、もしくは月額料金の割引キャペーンなどを受けられるので、料金がトータルで大きく変わってくるからです。

以下、3年間のトータルで料金が安いおすすめのプロバイダのベスト3社を紹介します。

GMOとくとくBB



「GMOとくとくBB」は、インターネット関連事業を展開している東証1部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダ。

最大40400円のキャッシュバックが貰え、3年間のトータルで最も料金が安いプロバイダです。

データ端末は注文したその日に発送してくれる上に、20日以内なら解約料金がかからないなどサポート体制は万全です。

最も料金が安い、サポートが体制が万全である点などを考慮すると、「GMOとくとくBB」は最もおすすめできるプロバイダと言っても過言ではありません。

どのプロバイダを使おうか迷っている場合は、「GMOとくとくBB」の料金やサービスを基準に選んでみることをおすすめします。

「GMOとくとくBB」の月額料金
1ヵ月目~2か月目 3609円

3ヵ月目以降 4263円

So-net



「So-net」は、ソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダ。

最大30000円のキャッシュバックが貰え、3年間のトータルで「GMOとくとくBB」の次に料金が安いプロバイダです。

電話サポートが年中無休(9:00〜19:00まで。1月1日、2日、メンテナンス日を除く)となっているなど、こちらもサービスは万全です。

「GMOとくとくBB」よりは料金が少し高くなってしまいますが、安心できる超一流企業ソニーグループのWiMAXを使いたいという人におすすめです。

「So-net」の月額料金
1ヵ月目~2か月目 980円

3ヵ月目~36か月目 4050円

37か月以降 4179円

Broad WiMAX

「Broad WiMAX」は、ウェブ広告などで積極的に営業を頑張っているリンクライフ株式会社が運営しているプロバイダ。

「Broad WiMAX」は、3年間のトータルで「GMOとくとくBB」、「So-net」に次いで3番目に料金が安いプロバイダです。

料金の安さは3番目ですが、クレジットカードを持っていない人でも口座振替が利用できるというメリットもあります。

クレジットカードを持っていない、できればクレジットカードを使いたくないという人におすすめです。

また、4年以上長く使いたいという場合は、「GMOとくとくBB」や「So-net」よりもやや安い月額料金で利用することができます。(「Broad WiMAX」は、25か月目以降の月額料金が最安の4011円となっています)

「Broad WiMAX」の月額料金
1ヵ月目~2か月目 2726円

3ヵ月目~24か月目 3411円

25か月目以降 4011円

 

関連記事

【Android】スマホがWi-Fiに繋がらない場合の対処法

2017.09.05
スポンサーリンク



スポンサーリンク