YouTubeがブラウザでなくアプリで勝手に開いてしまう場合の対処法

勝手に開く
スポンサーリンク



スポンサーリンク



スマホのブラウザでYouTube(ユーチューブ)の動画を再生しようとすると、勝手にYouTubeのアプリが開いてしまい面倒だと感じている人もいるかと思います。

この記事では、YouTubeがスマホのブラウザではなく、アプリで勝手に開いてしまう場合の対処法を解説します。

 

YouTubeのアプリが勝手に開いてしまう

元々、スマホのブラウザでYouTubeの動画を見ていても、YouTubeのアプリが勝手に開くことはありませんでした。

しかし、2017年以降ではYouTubeのアプリがアップデートされ、たとえスマホのブラウザからYouTubeの動画を見ようとしても、勝手にYouTubeのアプリが開くようになっています。

 

勝手に開く2

 

例えば、ブラウザのSafariを使い、Googleで「自然」「動画」と検索してYouTubeの動画をタップしてみます。

 

勝手に開く3

 

上記のように、YouTubeのアプリが勝手に開くようになっています。

ちょっとした動画であれば、いちいちYouTubeのアプリを開いて見るまでもないと感じている人にとっては、やや面倒な仕様になっています。

 

YouTubeのアプリが勝手に開かないようにする方法

スマホのブラウザからYouTubeを見るときに、勝手にYouTubeのアプリが開くのが面倒だと感じる・・・そういった場合は、YouTubeのアプリが勝手に開かないようにすることができます。

 

勝手に開く5

 

まずはスマホのブラウザを開き、Googleで「YouTube」と検索し、検索結果に出てくるYouTubeのトップページのURLを長押しします。

 

勝手に開く6

 

YouTubeのトップページのURLを長押しすると、メニューが表示されるので、コピーをタップします。

 

勝手に開く7

 

コピーをタップしたら、ホームボタンを押して、iPhoneのホーム画面に戻ります。

iPhoneのホーム画面に戻ったら、メモをタップします。

 

勝手に開く8

 

メモアプリを開いたら、画面右下の新規作成マークをタップします。

 

勝手に開く9

 

先程コピーしたYouTubeのトップページのURLを長押し→ペーストで貼り付けます。

貼り付けたが終わったら、YouTubeのトップページのURLをタップします。

 

勝手に開く10

 

YouTubeのトップページのURLをタップすると、メニューが表示されるので、Safariで開くをタップします。

この方法で一度YouTubeをブラウザで開けば、今後もブラウザでYouTubeの動画を見ようとしても勝手にYouTubeのアプリが開くことはありません。

きちんとブラウザでYouTubeの動画を見られるようになります。

 

一度設定してしまえば、YouTubeのアプリが勝手に開くことはない

上記のやり方を見て、ちょっと面倒だな~と感じた人もいるかもしれませんが、すでに述べた通り、一度ブラウザからYouTubeを見るように設定するだけでOKです。

一度設定してしまえば、ブラウザからYouTubeを見ようとしたときに、YouTubeのアプリが勝手に開くことはなくなります。

ぜひ上記のやり方を試してみてください。

 

関連記事

YouTubeチャートとは?今流行りの音楽が確認できる!!

【YouTube】ダークテーマに設定する方法

【YouTube】あなたへのおすすめを削除してリセットする方法

【YouTube】英語の動画に日本語字幕を付ける方法

YouTube(ユーチューブ)で音が出ない場合の原因と対処法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク