Androidスマホは何で拭くべき?逆に使ってはいけないものは?

Androidスマホの画面を拭くべきもの

スポンサーリンク


「ふつうのティッシュで拭いていたら、いつのまにか小さなキズがついてしまった・・・」、「ウェットティッシュで拭いていたら、水垢汚れがついてしまった・・・」など、Androidスマホを何で拭けばいいのか困っていませんか?

Androidスマホは毎日使うものですから、きれいな状態に保っておきたいですね。

そこでこの記事では、Androidスマホは何で拭くべきなのかについてと、逆に使ってはいかないものについてくわしく解説します。

Androidスマホを拭く前に注意すべきこと

Pixel Phone ヘルプによると、Androidスマホを拭く前に注意すべき点として、端末の電源をオフにすることを推奨しています。

ちょっと面倒かもしれませんが、Androidスマホを拭く前に、端末の電源をオフにしましょう。

Androidスマホの電源をオフにするには、側面にある「電源ボタン」を長押します。

Androidスマホの画面を拭くべきもの2

画面が変化するので、「電源を切る」をタップしましょう。(端末の側面にある「電源ボタン」を長押ししてから変化する画面は、機種やOSのバージョンによって異なります。とりあえずは、「電源を切る」をタップすればOKです)

これで、Androidスマホの電源がオフになります。

Androidスマホを拭き終わったら、端末の側面にある「電源ボタン」を長押しして、再び電源をオンにしてみてください。

Androidスマホを拭くのに最適なものは?

Pixel Phone ヘルプによると、Androidスマホを拭くのに最適なのは、

  • 糸くずの出ない柔らかい布
  • 筋、汚れ、ほこりには、乾いた布
  • メイクや新しいジーンズなどの色移りには、湿った布

が推奨されています。

さらにいえば、画面にキズがつきにくい、繊維が細やかなものを使うべきです。

おすすめなのが、メガネを拭くためのクリーニングクロスです。

メガネのレンズはキズがつきやすいため、専用のクリーニングクロスはかなり繊維が細やかになっているためです。

中でもおすすめなのが、DABLOCKSのクリーニングクロスです。

DABLOCKSのクリーニングクロスは、

  • 超極細繊維で、指紋や皮脂、ホコリや汚れを落としやすくなっている。
  • クリーニングクロスの両面が使えて便利。
  • 柔らかな素材で、スマホの画面だけでなく、メガネやカメラのレンズなどにも対応している。
  • 繰り返し洗って使えるので、経済的にかなりお得。
  • 20×20cmの大判サイズなので、失くしにくい。

などのメリットがあります。

長い間、Amazonのベストセラー1位を維持し続けている商品だけあって、信頼性もバツグンです。(念のため、Amazonで商品を購入する場合はレビューをきちんと確認しておきましょう)

Androidスマホを拭くのに使ってはいけないものは?

Androidスマホを拭くのに使ってはいけないものは、繊維の粗い素材全般です。

繊維の粗いものを使ってAndroidスマホを拭いてしまうと、どうしてもキズがつきやすくなってしまいます。

ちょっとでも「この素材は繊維が粗いな」と感じるものは、なるべく使わないようにしましょう。

また、湿った布でAndroidスマホを拭いた場合は、水垢汚れを防ぐために、乾いた布で再度拭きなおすのがおすすめです。

メイクなどの汚れがついてしまった場合は、一度ウェットティッシュなどで拭きとってから、クリーニングクロスなどで拭きなおすのがいいでしょう。

ふだんからAndroidスマホを清潔に保つための秘訣は?

ふだんからAndroidスマホを清潔に保つには、

  • あなたの使っているAndroidスマホに合った保護フィルムを貼っておく。
  • あなたの使っているAndroidスマホ用に設計された保護ケースを使うようにする。

以上の2点が大切です。

あらかじめ、画面部分を保護フィルム、背面と側面を保護ケースでケアしておけば、万が一キズがついたり、落ちない汚れがついてしまった場合でも保護フィルムや保護ケースを取り換えるだけでAndroidスマホを清潔に保つことができます。

Androidスマホを購入したら、まずは保護フィルムを貼り、保護ケースをつけるようにしましょう。

まとめ

この記事では、Androidスマホは何で拭くべきなのかについてと、逆に使ってはいかないものについてくわしく解説してみました。

この記事の内容をまとめてみると、

  • Androidスマホを拭く前に、端末の電源をオフにしておく。
  • Androidスマホを拭くのに最適なのは、画面にキズがつきにくい、繊維が細やかなもの。
  • おすすめなのが、メガネを拭くためのクリーニングクロス。
  • 中でも、DABLOCKSのクリーニングクロスがイチオシ。
  • Androidスマホを拭くのに使ってはいけないものは、繊維の粗い素材全般。
  • 少しでも繊維が粗いと感じるものは、使わないようにする。
  • ふだんからAndroidスマホを清潔に保つには、保護フィルムと保護ケースを使ってケアしておく。

となります。

ぜひこの記事を参考にして、Androidスマホをきれいに利用してみてください。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク