「このデバイスの位置情報へのアクセスを〇〇に許可しますか?」とはどういう意味なのか?

ワンタイム・パーミッション

スポンサーリンク


Androidスマホにアプリをインストールするときに、「このデバイスの位置情報へのアクセスを〇〇に許可しますか?」と表示される場合がありますね。

この「このデバイスの位置情報へのアクセスを〇〇に許可しますか?」とは、どういう意味なんでしょうか?

この記事では、「このデバイスの位置情報へのアクセスを〇〇に許可しますか?」とはどういう意味なのか?についてくわしく解説します。

まずは「このデバイスの位置情報」の意味について把握しておこう

まずは、「このデバイスの位置情報」の意味について把握しておきましょう。

「このデバイス」とは、アプリをインストールするAndroidスマホの端末のことです。

そして「位置情報」とは、Androidスマホに搭載されているGPS(地球上のどの位置にいるのかを人工衛星から電波で測り知る装置のこと)から得た情報を意味します。

かんたんにいえば、「このデバイスの位置情報」とは、「アプリをインストールするAndroidスマホが、地球上のどの位置にあるのかを示す情報」ということになります。

インストールするアプリに対して、どの程度のアクセス権を与えるべきか?

「このデバイスの位置情報」の意味を把握したら、次は「アクセスを〇〇に許可しますか?」という部分について理解しましょう。

ワンタイム・パーミッション3

アプリをインストールするときには、上記のような「メニュー」が表示され、インストールするアプリに対してどの程度アクセス権を与えるべきか、

  • アプリの使用時のみ
  • 今回のみ
  • 許可しない

の3つから選択できるようになっています。

具体的には、

  • 「アプリの使用時のみ」は、アプリを使用しているときのみ「デバイスの位置情報」へのアクセス権を与える。
  • 「今回のみ」は、アプリをインストールした直後の状態のみ「デバイスの位置情報」へのアクセス権を与える。(次にそのアプリを使用するときには、「デバイスの位置情報」へのアクセス権が与えられない)
  • 「許可しない」は、アプリに対して一切デバイスの位置情報」へのアクセス権を与えない。

となります。

あなたが信頼できるアプリであると判断できる場合は「アプリの使用時のみ」、一度きり使う予定のアプリであれば「今回のみ」、よくわからない場合は「許可しない」を選択するといいでしょう。

アプリに許可したアクセス権を後から見直す場合は?

アプリをインストールするときに許可したアクセス権については、後から見直すことができます。

アクセス権を後から見直すには、

ワンタイム・パーミッション6

「設定」をタップします。

ワンタイム・パーミッション7

「設定」画面が表示されるので、「アプリと通知」をタップします。

ワンタイム・パーミッション8

「アプリと通知」の画面が表示されるので、「アクセス権を見直したいアプリ」をタップします。

ワンタイム・パーミッション9

「アプリ情報」の画面が表示されるので、「権限」をタップします。

ワンタイム・パーミッション10

「アプリの権限」の画面が表示されるので、「位置情報」をタップします。

ワンタイム・パーミッション11

「位置情報の権限」の画面が表示され、ここでアクセス権を見直すことができます。

まとめ

この記事では、「このデバイスの位置情報へのアクセスを〇〇に許可しますか?」とはどういう意味なのか?についてくわしく解説してみました。

まとめてみると、

  • 「このデバイスの位置情報」とは、「アプリをインストールするAndroidスマホが、地球上のどの位置にあるのかを示す情報」ということ。
  • 「位置情報へのアクセス権」は、「アプリの使用時のみ」、「今回のみ」、「許可しない」などから選択できる。
  • アプリに許可したアクセス権については、後から見直すことができる。

となります。

関連記事

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク