【Androidスマホ】「Gmail」アプリでメールの作成を下書きから再開する方法

下書きから再開

スポンサーリンク


多くのAndroidスマホにインストールされているメールアプリ「Gmail」。

「Gmail」では、メールを作成を途中で中断してしまうと、下書きを自動的に保存してくれます。

そのため、メールの作成を下書きから再開する方法をきちんと覚えておくと、とても便利です。

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、「Gmail」アプリでメールの作成を下書きから再開する方法を詳しく解説します。

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

「Gmail」アプリではメールの下書きを自動保存してくれる

「Gmail」では、メールを作成している途中で作業を中断してしまうと、下書き中のメールを自動的に保存してくれるようになっています。

下書きから再開2
  • 操作を誤って、「Gmail」アプリを閉じてしまった、もしくは終了してしまった。
  • 何らかの理由で、メールの作成を中断した。
  • 「下書きを保存」機能を使うのを忘れてしまった。

などの場合でも、きちんと作成途中であるメールの下書きが保存されます。

「下書きを保存」機能を使わないと、作成途中であるメールの下書きは保存されない・・・と誤解されがちですが、「Gmail」では、メールを作成してる途中で作業を中断すると、必ず自動保存される仕組みとなっているので安心です。

メールの作成を下書きから再開する方法

メールの作成を下書きから再開するには、

下書きから再開3

まずは「Gmail」をタップします。

下書きから再開5

「Gmail」アプリが開き、「メイン」画面が表示されるので、画面左上にある「メニュー」アイコンをタップします。

下書きから再開6

「Gmailのメニュー」が表示されるので、「下書き」をタップします。

下書きから再開7

「下書き」の画面が表示され、「下書きの一覧」を確認することができます。

この画面から、「作成を再開したいメール」をタップします。

下書きから再開8

「作成を再開したいメール」が表示されるので、「鉛筆」のアイコンをタップします。

下書きから再開9

これで作成を中断する前の状態に戻ることができ、メールの作成を下書きから再開することができます。

メールの下書きを削除する方法

メールの下書きは自動的に保存されてしまうため、放っておくとどんどん溜まってしまいます。

そのため、メールの下書きはある程度溜まったら削除しておきましょう。

メールの下書きを削除するには、

下書きから再開10

「下書き」の画面を開き、「削除したいメールの下書き」をロングタップします。

下書きから再開11

「削除したいメールの下書き」をロングタップすると、上記のように「レ点」が付いて、選択された状態になります。

選択された状態になったのを確認したら、画面上部にある「ゴミ箱」のアイコンをタップします。

下書きから再開12

「1件のスレッドから下書きを破棄しますか?」と表示されるので、「OK」をタップします。

下書きから再開14

これで「該当のメールの下書き」が削除されました。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、「Gmail」アプリでメールの作成を下書きから再開する方法を詳しく解説してみました。

「Gmail」アプリでは、どんな形であれ、途中で作業を中断したメールについては、下書きを自動的に保存してくれます。

必ず下書きが保存されている点を覚えておき、きちんと下書きから再開する方法を覚えておけば、メールを最初から書き直すといった面倒な手間を省くことができます。

ぜひ、この記事を参考にして、メールの作成を下書きから再開する方法を覚えてみてください。

また、受信したメール同様に、メールの下書きもどんどん溜まっていくため、定期的に削除しておくようにしましょう。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク