17 Live(イチナナ)のライブ配信で役立つ撮影用ライトおすすめ3選

ライト
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、17 Live(イチナナ)のライブ配信で役立つ撮影用ライトを紹介します。

ライブ配信をするときに、撮影用ライトは必要?

17 Liveに限らず、多くのライブ配信で撮影用ライトを使われています。

ユーチューバー界隈でも、撮影用ライトはほとんどマストなアイテムとなっています。

理由は室内照明のみよりも、室内照明と撮影用ライトを併用したほうがより明るく綺麗に撮影できるからです。

上記の動画は、Engadget Japaneseさんが、YouTuber向け照明やスマホ装着型ライトの展示会を取材した模様です。

撮影用ライトのない場合とある場合の比較が、よく分かるんじゃないかと思います。

こちらは、有名ユーチューバーであるカズチャンネルのかずさんの動画です。

撮影用照明のレビューをしており、こちらでも撮影用照明のない場合とある場合の比較を見ることができます。

トップクラスのユーチューバーだと、ここまで撮影用の照明にこだわって撮影をしているのか・・・というのがよくわかる動画です。

もちろん、あくまで趣味でライブ配信をするだけ・・・という場合は、室内照明で十分かと思います。

しかし、本気で17 Liveの上位を目指してやりたい!!、できるだけ明るく綺麗に撮影したい!!といった場合は、撮影用ライトはマストアイテムと言っていいでしょう。

ライブ配信には、どのレベルの撮影用ライトが必要?

17 Liveのライブ配信では、スマホを使い自分自身を撮影します。

基本的に撮影対象が自分自身だけと狭い範囲なので、大きなライトは必要ないかと思います。

すでに紹介したかずさんの動画でも、やや大きい程度のライトでも相当な照明の明るさであることがわかります。

スマホから近い距離で、自分自身だけという狭い範囲を撮影するわけですから、自撮り用のライトやスマホスタンドにライトが付属しているもので十分かと思います。

17 Liveだとカラオケや個室のある飲食店でライブ配信しているライバーも多いので、持ち運びしやすいという点も考慮したほうがよさそうです。

以下、17 Live(イチナナ)のライブ配信で役立つ撮影用ライトを紹介します。

BestTrendyのスマホスタンド

とにかく使いやすさが抜群に良い、BestTrendyのスマホスタンド。

自由に変形できる2本のフレキシブルアームに、スマホとライトを固定して使うことができます。

スマホとライトの位置を自由に変えることができるため、自分の好きな位置からライトを当て、自分を撮影しやすい位置にスマホを固定することができます。

ライトは冷たい光、暖かい光、混合光の3つを切り替えられます。

さらには、明るさを10段階で調整できるようになっており、ライブ配信で使う撮影用ライトとしては申し分のない性能と言えます。

メイク動画などを配信している美容系ユーチューバーによく利用されている丸型ライト(リングライト)である点もおすすめです。

丸型ライト(リングライト)の場合、まんべんなく光が当たるため、顔に影を作りにくくすることができます。

また、丸型ライト(リングライト)を利用すると、瞳の中に丸く輝くアイキャッチを入れることもできます。(リングライトを見ながらライブ配信をした場合、瞳にリングライトが反射した状態になります)

欠点としては、スマホスタンドなので持ち運びしにくい点です。

クリップ式なので、テーブルやデスクに自由に取り付けることができますが、重さは623.5g、長い方のフレキシブルアームは最大で63センチもあります。

フレキシブルアームは自由に折り曲げることもできますが、室外でライブ配信をしたい場合はある程度大きなバッグが必要になりそうです。

また充電式ではなく、USBをパソコンやUSB電源に差し込んで利用するタイプなので、自宅以外では使いにくい感じです。

モバイルバッテリーを持っている人なら問題なさそうですが、そうでない人だと自宅以外では充電できる場所を確保しなければなりません。

メリットとデメリットを考慮すると、ほとんど自宅でライブ配信する人におすすめです。

BMKの自撮りリングライト

コンパクトで軽量な、BMKの自撮りリングライト。

わずか50グラムのリングライトをスマホにクリップするだけ使えるため、室外でライブ配信をよくやる人におすすめです。

自撮り用のライトですが、フル充電すれば最長2時間30分ほど使えるため、カラオケや個室のある飲食店など室外でのライブ配信でも気楽に使うことが可能です。

付属品として巾着袋が付いてくるので、巾着袋の中に入れてからバックなどに入れておけば、傷がつく心配もありません。

ライトは、昼白色、電球色、混色(昼白色と電球色の中間)の3つを切り替えられます。

明るさの調整については、段階式ではなく、ボタンの長押しで調整するようになっています。(ボタンが一つでライトのオンオフ、明るさの調整をおこないます)

ライブ配信で使う撮影用ライトとしては十分な性能かと思います。

また、BestTrendyのスマホスタンドと同様に、まんべんなく光が当たるリングライトである点もすすめのポイントです。

欠点としては、スマホにクリップするだけのものなので、誤って床に落としてしまう可能性があることくらいでしょうか?

ライトなので床に落として傷をつけたり、割ってしまわないよう注意することが必要ですね。

Tecbossの自撮りライト

BMKの自撮りリングライトより、さらに軽量なTecbossの自撮りライト。

重量はわずか40グラムですが、撮影用ライトとしては最低限の機能を備えています。

ライトは、暖白、赤、黄色、ピンク、空色、青、緑の7つを切り替えることができますが、ライブ配信で使うとなると暖白くらいしか選択肢はありません。(赤、黄色、ピンク、空色、青、緑でのライブ配信はちょっと現実的ではない感じです)

明るさは3段階に調整できるようになっています。

フル充電で、1時間30分ほど使えるので、室外でのライブ配信でもそこそこ使えそうです。

欠点としてはリングライトなんですが、使われているLED照明が9つ程度であるためか、瞳にアイキャッチが綺麗に反射しないようです。

とりあえず最低限の機能があればいい、とにかく軽量コンパクトな撮影用ライトが欲しいという人におすすめです。

関連記事

17 Live(イチナナ)をパソコンから見る方法

2018.11.09

17Live(イチナナ)を退会する方法は?アカウントは削除できる?

2018.05.13

17 Live(イチナナ)のライブ配信で役立つスマホ用三脚おすすめ4選

2018.02.12

ライブ配信アプリ「17Live(イチナナ)」とは?月収1億円以上を稼げる仕組みとは?

2017.12.19

おすすめ記事

17 Live(イチナナ)を楽しんだ後は、ゲームや漫画もどうぞ。

おすすめのスマホ向けストラテジーゲームアプリランキング【iPhone&Android】

2018.07.05

おすすめのスマホ向けRPGアプリランキング【iPhone&Android】

2018.07.04

おすすめのスマホ向けMMORPGアプリランキング【iPhone&Android】

2018.07.02

面白いスマホゲームアプリランキング!!ジャンル別におすすめの作品を紹介【iPhone&Android】

2018.06.18

無料で読めるおすすめのスマホ向け漫画アプリランキング!!

2018.06.03
スポンサーリンク



スポンサーリンク