【iPhone】アラームが鳴らない場合の対処法

アラームが鳴らない

スポンサーリンク


アラームが鳴らなくて、会社や学校に遅刻してしまった・・・こんな経験はないでしょうか?

毎日ふつうに使っていたアラームがいきなり鳴らなくなると、とても困りますね。

この記事では、iPhoneを利用しているユーザー向けに、アラームが鳴らない場合の対処法をくわしく解説します。

「時計」アプリ以外だと設定が異なる点に注意

この記事では、iPhoneに標準搭載されている「時計」アプリを使った場合を想定して解説を行っています。

App Storeからダウンロードした他のアプリを使っている人もいるでしょう。

「時計」アプリ以外のアプリを利用してアラームを鳴らしているという場合は、設定が異なる点に注意してください。

「時計」アプリならおやすみモードや消音モードは関係なし

なお、「時計」アプリを使っている場合であれば、

  • おやすみモード
  • 消音モード(iPhoneの左側にある「着信/サイレントスイッチ」をオレンジ色が見える位置に動かす設定)

に設定しても、アラームはきちんと鳴るため、問題はありません。

アラームが鳴らないと困っている場合でも、おやすみモードや消音モードの設定は気にしなくて大丈夫です。

アラームが鳴らない場合の対処法

まずはアラームがオフになっていないか確認しよう

基本的なことですが、まずはアラームがオフになっていないかを確認しましょう。

アラームがオフになっていないか確認するには、

アラームが鳴らない2

「時計」アプリを開き、「アラーム」タブをタップします。

この画面で、「アラームが鳴るように設定してある時間」の右側にある「スイッチ」を確認しましょう。

上記のように「スイッチ」が左側に寄っている状態だと、アラームがオフになっています。

アラームが鳴らない3

「スイッチ」をタップして、オンの状態にしましょう。(上記のように「スイッチ」が右側に寄っている状態になればOKです)

アラームのサウンドが「なし」に設定されていないか確認する

アラームが鳴らずに振動しかしない場合は、アラームのサウンドが「なし」に設定されていないか確認しましょう。

アラームのサウンドが「なし」に設定されていないか確認するには、

アラームが鳴らない5

「時計」アプリを開き、「アラーム」タブをタップします。

この画面で、「編集」をタップします。

アラームが鳴らない6

画面が上記のように変化するので、「確認したい時間帯のアラーム」をタップします。

アラームが鳴らない7

「アラームを編集」という画面が表示されるので、「サウンド」を確認しましょう。

「サウンド」が「なし」になっていた場合は、「サウンド」をタップします。

アラームが鳴らない8

「サウンド」の画面が表示されるので、好きなサウンドを選択しましょう。

アラームが鳴らない9

「好きなサウンド」をタップすると、そのサウンドの音楽が鳴り、上記のように「レ点」が付きます。

「レ点」が付いたのを確認したら、画面左上の「戻る」をタップします。

アラームが鳴らない10

「アラームを編集」の画面に戻るので、サウンドが「なし」から「選択したサウンド」に変更されているのを確認します。

きちんと確認できたら、画面右上の「保存」をタップします。

アラームが鳴らずに振動しかしない場合は、これできちんとアラームが鳴るようになります。

アラーム音が小さ過ぎないか確認する

アラーム音が小さ過ぎて、うまく聞こえない場合もあります。

念のため、アラーム音が小さ過ぎないか確認しましょう。

アラーム音が小さ過ぎないか確認するには、

アラームが鳴らない11

iPhoneの「ホーム」画面を表示して、「設定」をタップします。

アラームが鳴らない12

「設定」画面が表示されるので、「サウンドと触覚」をタップします。

アラームが鳴らない14

「サウンドと触覚」の画面が表示されるので、「着信音と通知音」の下にある「スライダ」を確認します。(iPhoneでは、アラーム音は着信音と通知音に含まれます)

アラームが鳴らない15

アラーム音が小さ過ぎる場合は、「スライダ」を右に動かすことで大きく調整することができます。

ベッドタイムの設定を確認する

ベットタイムを利用してアラームを鳴らしいる場合は、ベットタイムの設定を確認しましょう。(ベットタイムを設定しておくと、起床時間に自動的にアラームが鳴ります)

ベットタイムを設定していても、アラームがきちんと設定されていない、アラーム音が小さ過ぎるなどの理由でアラームが鳴らない、うまく聞こえない可能性があります。

ベットタイムの設定を確認するには、

アラームが鳴らない16

「時計」アプリを開き、「アラーム」タブをタップします。

この画面で、「睡眠/起床」の下にある時間を確認します。(ここが時間ではなく、「スキップしました」となっているとベットタイムのアラーム自体がきちんと設定されていません)

「睡眠/起床」の下にある時間を確認したら、その右側にある「変更」をタップします。

アラームが鳴らない17

「ベットタイムの設定」画面が表示されるので、「サウンドと触覚」の下にある「スライダ」を確認します。

アラームが鳴らない18

アラーム音が小さ過ぎる場合は、「スライダ」を右に動かすことで大きく調整することができます。

有線のヘッドフォンやスピーカーなどをiPhoneにつないでいないか確認する

iOS 11 以降を利用しているユーザーは、有線のヘッドフォンやスピーカーにつないでいないか確認しましょう。

当然ながら、iPhoneを有線のヘッドフォンやスピーカーにつないでおいたままだと、ヘッドフォンやスピーカーから設定しておいた音量でアラーム音が鳴るようになってしまいます。

必ず寝る前に、iPhoneが有線のヘッドフォンやスピーカーにつないだままになっていないか確認するようにしてください。

なお、ワイヤレスのヘッドフォンやスピーカーであれば、きちんとiPhoneからアラームが鳴るため、問題ありません。

ワイヤレスのヘッドフォンやスピーカーについてはつないだまま寝てしまってもOKです。

iPhoneを再起動する

iPhoneに不具合が生じているため、アラームが鳴らない可能性もあります。

iPhoneに不具合が生じている場合は、再起動が効果的です。

iPhoneを再起動するには、

  • Face IDを搭載したiPhoneの場合は、サイドボタンといずれかの音量ボタンを長押します。
  • ホームボタンのあるiPhoneの場合は、サイドボタンまたはスリープ/スリープ解除ボタン(モデルによって異なります)を長押します。
アラームが鳴らない19

上記のような画面が表示されるので、「スライダ」を右に動かします。

「スライダ」を右に動かすと、自動的にiPhoneの電源が切れます。

iPhoneの電源が切れたのを確認したら、サイドボタンを長押しして再起動してください。

どうやってもアラームが鳴らない場合は?

ここまで、iPhoneのアラームが鳴らない場合の対処法をあげてきました。

どうやってもアラームが鳴らない場合は、iPhoneが故障している可能性があります。

iPhoneが故障していた場合、個人の力ではどうしようもありません。

契約している携帯電話会社のサポートに相談してみましょう。

また、iPhoneを長く使っている場合は、これを機会に新しいスマホに買い替えるのもいいでしょう。

「新しいスマホに買い替えたいけど、わざわざショップまで行って、長時間待たされるのは面倒だな・・・」と感じる人は、オンラインから手続きを行う方法がおすすめです。

オンラインから手続きすると、

  • わざわざショップまで行く必要がない。
  • 待ち時間なしで、24時間いつでも手続きが可能。
  • 新しいスマホを無料で自宅まで届けてくれる。
  • オンライン限定のお得なキャンペーンを利用して、お得に購入できる。

などのメリットがあります。

時間やお金を節約したい人には、うってつけですね。

オンラインから手続きする場合は、こちらからどうぞ。

まとめ

この記事では、iPhoneを利用しているユーザー向けに、アラームが鳴らない場合の対処法をくわしく解説してみました。

まとめてみると、

  • iPhoneに標準搭載されている「時計」アプリ以外だと、設定が異なる点に注意する。
  • 「時計」アプリなら、おやすみモードや消音モードは関係なく、きちんとアラームが鳴る。
  • アラームがオフになっていないか確認する。
  • アラームのサウンドが「なし」に設定されていないか確認する。
  • アラーム音が小さ過ぎないか確認する。
  • ベッドタイムの設定を確認する。
  • 有線のヘッドフォンやスピーカーなどをiPhoneにつないでいないか確認する。
  • ワイヤレスのヘッドフォンやスピーカーであれば、きちんとiPhoneからアラームが鳴るため、問題ない。
  • iPhoneを再起動する。
  • どうやってもアラームが鳴らない場合は、契約している携帯電話会社のサポートに相談するか、新しいスマホに買い替える。

となります。

関連記事

参考

 

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

スポンサーリンク