【Androidスマホ】データセーバーとは?どんな効果があるのか?

データセーバー

スポンサーリンク


Androidスマホでは、モバイルデータ使用量を節約することができるデータセーバーと呼ばれる機能が用意されています。

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、データセーバーとはどんな機能なのか?どんな効果があるのか?などに関して詳しく解説します。

この記事を書いた人
筑波 遼(つくば りょう)

ガジェットをこよなく愛するフリーランスのエンジニア。できるだけわかりやすく、かんたんに解説するようにしています。

この記事を読むときの注意点
この記事では、OSとしてAndroid 10を搭載しているGoogle Pixel 3aを使用して解説を行っています。

お手持ちのAndroidスマホの機種・OSのバージョン・契約している携帯電話会社によっては、操作する方法や機能の名称などが異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

データセーバーとはどんな機能なのか?どんな効果があるのか?

Androidスマホでは、アプリは常に最新の状態を保つために、バックグラウンドでモバイルデータ通信を行っています。

Androidスマホにおけるデータセーバーとは、そういったアプリがバックグラウンドで行っているモバイルデータ通信を抑える機能です。(アプリは、Wi-Fi接続時のみ、バックグラウンドでモバイルデータ通信を行うようになります)

アプリがバックグラウンドで行っているモバイルデータ通信を抑えることで、モバイルデータ使用量を節約できる効果があります。

できるだけモバイルデータ使用量を節約したいというユーザーには、かなりおすすめの機能です。

特定のアプリに無制限のデータアクセスを許可することが可能

データセーバーの機能では、特定のアプリに無制限のデータアクセスを許可することが可能になっています。

頻繁に使うアプリについては、常に最新の状態を保つために、バックグラウンドでモバイルデータ通信を行えるようにしておいた方が良いでしょう。

データセーバーの機能を利用する方法

データセーバーの機能をオンにする方法

データセーバーの機能をオンにするには、

データセーバー2

「設定」をタップします。

データセーバー3

「設定」画面が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をタップします。

データセーバー5

「ネットワークとインターネット」の画面が表示されるので、「データセーバー」をタップします。

データセーバー6

「データセーバー」の画面が表示されるので、「データセーバーを使用」の右側にある「スイッチ」をタップします。

データセーバー7

「データセーバーを使用」の右側にある「スイッチ」をタップすると、上記のように画面が変化します。

これで、データセーバーの機能をオンになりました。

特定のアプリに無制限のデータアクセスを許可する方法

データセーバーの機能をオンにした状態で、特定のアプリに無制限のデータアクセスを許可するには、

データセーバー8

「データセーバー」の画面を開き、「無制限のデータアクセス」をタップします。

データセーバー9

「無制限のデータアクセス」の画面が表示されます。

この画面で、Androidスマホにインストールされているアプリの一覧が表示されるので、「バックグラウンドで行っているモバイルデータ通信を抑えたくないアプリ」の右側にある「スイッチ」をタップしてください。

「スイッチ」をオンにしたアプリは、無制限のデータアクセスを許可されるようになります。

データセーバーの機能をオフにする方法

データセーバーの機能をオフにするには、

データセーバー10

「データセーバー」の画面を開き、「データセーバーの使用」の右側にある「スイッチ」をタップします。

データセーバー11

「データセーバーの使用」の右側にある「スイッチ」をタップすると、画面が上記のように元の状態に戻ります。

これで、データセーバーの機能がオフになりました。

まとめ

この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、データセーバーとはどんな機能なのか?どんな効果があるのか?などに関して詳しく解説してみました。

データセーバーの機能は、何かを制約するというデメリットがほとんどない状態で、モバイルデータ使用量を節約することができます。

モバイルデータ使用量を節約したいというユーザーは、ぜひデータセーバーの機能を活用してみてください。

関連記事

Androidスマホの使い方の詳細については、こちらをどうぞ。

 

スポンサーリンク