「私はロボットではありません」と表示されるreCAPTCHAとは?

ロボット
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事では、ウェブサイトにアクセスする際に「私はロボットではありません」と表示されるreCAPTCHAについて解説します。

 

reCAPTCHAとは?

reCAPTCHAとは、ウェブサイトにアクセスする人間とボットを区別する認証システムのことです。

reCAPTCHAの公式サイト

2014年に登場した認証システム「No CAPTCHA reCAPTCHA」では、「私はロボットではありません」にチェックを入れるだけのかなりシンプルなものでした。

しかし、2017年に登場した認証システム「Invisible reCAPTCHA」では、さらに写真を選択させることで精度を上げる仕組みになっています。

 

最初に「私はロボットではありません」と表示される

すでに述べた通り、 reCAPTCHAでは最初に「私はロボットではありません」という認証が表示されます。

 

私はロボット

 

「私はロボットではありません」という認証は、左側にチェックするだけでクリアできます。

 

さらに画像認証が表示される

2017年以降は、「私はロボットではありません」の認証をクリアした後、さらに画像認証が表示されるようになっています。

 

道路標識

 

「〇〇〇の画像をすべて選択してください」「〇〇〇のタイルをすべて選択してください」などと表示され、該当する画像を選択して認証をクリアする仕組みになっています。

 

道路標識2

 

2段階の認証方式となっており、人間とボットを区別する精度が上がっています。

 

画像認証には様々なパターンが存在する

2段階目の認証にあたる画像認証には、様々なパターンが存在します。

 

自動車

 

これは、「自動車のタイルをすべて選択してください」というパターン。

 

お店の外観の画像

 

こちらは、「お店の外観の画像をすべて選択してください」というパターン。

 

タクシー

 

「タクシーの画像をすべて選択してください」というパターンなど。

実に様々な画像認識のパターンが用意されていて、人間とボットを区別する精度はかなり高くなっています。

 

関連記事

「山や丘の画像をすべて選択してください」と表示された場合の対処法

「道路標識のタイルをすべて選択してください」と表示された場合の対処法

「お店の外観の画像をすべて選択してください」と表示された場合の対処法

「横断歩道の画像をすべて選択してください」と表示された場合の対処法

「自動車のタイルをすべて選択してください」と表示された場合の対処法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク